ブログ」カテゴリーアーカイブ

慰謝料とは?

慰謝料とは、離婚原因を作った側(加害者)が精神的苦痛を受けた側(被害者)に支払う賠償金のことです。

法律では、不法行為による損害賠償請求とされています。(民法709条、710条)

慰謝料は、財産分与とは異なり、離婚の際に必ず請求できるものではなく、

離婚原因を作った相手に対してのみ請求できるものです。

性格の不一致だけでは、慰謝料は認められません。

不貞(浮気)、暴力(DV)、一方的に離婚を言い渡された、生活費をくれない等は、

慰謝料請求理由にはなりますが、性格の不一致、離婚原因が双方にある場合などは

慰謝料は請求できません。

夫婦間だけではなく不倫相手や親族などの第三者にも慰謝料請求が

認められることもあります。

離婚の際には、財産分与に慰謝料分を上乗せして請求することも多いです。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 慰謝料 | タグ: , , ,

財産分与-生命保険

離婚前に満期がきている生命保険金については名義に関係なく財産分与の対象になります。
満期がきていない保険については解約返戻金が財産分与の対象となります。
離婚時に解約し、解約返戻金を分割することも可能ですし、
保険会社に離婚時の解約返戻金を計算してもらい、保険を解約することなく

その金額を財産分与に含めることも可能です。

保険を子どもに残したい場合は、受取人を妻から子どもに変更することを忘れないようにしましょう。
元夫が死亡した場合には、子どもが受取人になります。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 財産分与 | タグ: ,

面接交渉権とは?

離婚後、親権者にならなかった方の親が子どもと会ったり、電話や手紙などの方法で接触する権利を

面接交渉権といいます。

面接交渉権は民法で認められた権利ではありませんが、判例や実務においては認められております。

面接交渉は親権者とは違い離婚と同時に決める必要はありませんが、離婚後はお互いの連絡が

取りにくくなりますので、できるだけ離婚前に決めておいたほうがよいです。

面接交渉の取り決め方には特に定まった形式はありませんが、下記ような事項を

具体的に取り決めて書面にしておくとよいでしょう。

いつ

日曜日や祝祭日に会えるか  長期休暇はどうするのか(夏休みなど)

子どもの誕生日はどうするのか  学校の行事はどうするのか

どこで

どこで会うのか    子どもを送っていくのはだれか

都合がわるくなったときの連絡方法はどうするのか

どのように

宿泊は可能か、日帰りのみか   携帯電話やメールでの連絡は可能か

どれくらい

月に何回、年に何回など   面接できる時間はどのくらいか

特に子どもが小さいうちは、面接交渉の影響が大きいので、できるだけ詳細に決めておくように

されたらよいと思います。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 面会交流(面接交渉) | タグ: , ,

離婚と子どもの学資保険

Q 離婚をしても子どもの学資保険は、そのままにして給付金を受け取りたいのですが、

どのようにすればよいのですか?契約者は夫です。

A 学資保険の契約者を夫のままにしておくと、給付金は夫の口座に入金されます。

契約の変更や解約も契約者のみが可能です。

あなたが親権をとる場合、できれば、離婚前に契約者の変更をしておかれたらよいでしょう。

そうすれば、給付金は妻の口座に入金されることになります。

契約者の変更は、保険会社によって手続きが異なりますが、必要な書類を提出すれば、変更は可能です。

ご加入の保険会社に確認されたらよいでしょう。

離婚後の学資保険の掛け金を、どちらが支払うのかもきっちり決めておくことが大切です。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 養育費 | タグ: , ,

養育費と認知

Q 私は不倫のすえ、彼の子どもを産みました。1人で育てていくのは大変なので、

養育費を請求したいのですが、できますか?

A 婚姻関係にない男性との間に生まれた子どもが、法律上の養育費を請求するためには、

男性に子であることを認知してもらわなければなりません。

男性が認知届けを提出してくれれば問題ありませんが、拒否するようであれば、

家庭裁判所へ調停を申し立てます。調停が成立しない場合は、裁判で争うことになります。

男性が子どもを認知することによって、男性には法律上の扶養の義務が生じますので、

養育費は請求できることになります。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 養育費 | タグ: , ,

財産分与の割合

共働き夫婦や事業をともに経営している場合、財産分与の割合は、半々になることがほと

んどです。では、専業主婦の場合は、どうでしょうか?

以前は、30%~50%というのが基本的な考え方でしたが、最近は、主婦の家事労働を評

価するようになってきているので、共働き夫婦と同様半々という考え方が多くなってきて

いるようです。

結婚後に自宅を購入した場合、夫名義であっても妻は持ち分を主張できます。

もっとも、評価額よりもローンの残高が多い場合などは、売るに売れないという

状況になってしまいますが。

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 財産分与 | タグ: ,

財産分与の対象になるもの

不動産(自宅のマンションなど) 預貯金、生命保険、年金、株式、債券、ゴルフ会員権などです。

婚姻生活の中で築いたものについては、名義にかかわらず、財産分与の対象になります。

自宅のマンションの名義が夫名義であっても、妻は持ち分を主張できますし、

通帳の名義が夫名義であっても、預貯金の一部を請求することができます。

お互いが婚姻前から持っていた財産(預貯金など)や、相続で取得した財産は、

財産分与の対象にはなりません。

債務(借金)については、夫婦が日常生活を維持するための債務については

分割の対象になりますが、例えば、夫がギャンブルのためにした債務については、

分割の対象にはなりません。

(ただし妻が連帯保証人になっている場合は、夫の債務を妻も共同で返済しなければなりません)

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 財産分与 | タグ: , , ,

財産分与ー退職金

Q 夫は勤続25年、退職まであと2年です。退職金を財産分与でもらえますか?

A 退職金は、主に賃金・給与の後払いという性格を持っているので、

既に支給された退職金については、財産分与の対象になります。

将来支払われるであろう退職金については、退職までの期間が長くなると、

支給されるかどうかがわからないという不確定要素が強くなるので、必ず財産分与の

対象になるとは言い切れませんが、2年後に支給ということであれば支払われる蓋然性

が高いので、財産分与として支払われる可能性は非常に高いでしょう。

支払いの時期や退職金の計算方法などは、いろいろありますので、専門家に相談されて

夫と交渉されるとよいでしょう。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 財産分与 | タグ: ,

慰謝料の時効

夫の不貞行為が原因で慰謝料を請求する場合、時効に気をるける必要があります。

不法行為の消滅時効は、不法行為の損害および加害者を知ったときから3年、

不法行為のときから20年です。(民法724条)

夫の不貞事実を知った時から3年を過ぎると、慰謝料請求権が消滅してしまいます。

また、不貞の相手を知らなくても、不法行為のときから20年で消滅時効にかかります。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 慰謝料 | タグ: , ,

慰謝料の相場

Q 慰謝料に相場はありますか?

A 慰謝料は、相手の資力に大きく左右されるというのが現状です。

例えば、失業し、財産もない相手にいくら請求しても、お金が支払われることはありません。

一般的な慰謝料算定の基準としては、

1.有責性の程度  2.婚姻期間  3.支払い能力  があげられます。

全家庭裁判所による財産分与、慰謝料の婚姻期間別資料をみると、

1年以上5年未満  203万円

10年以上15年未満 474.5万円

15年以上20年未満 562万円

25年以上     937.9万円   になっています。

婚姻期間が長くなるにつれ財産分与、慰謝料も増加しています。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 慰謝料 | タグ: , , ,
このページのトップへ