戸籍」カテゴリーアーカイブ

母親が再婚した場合の子の戸籍

 

●母親の再婚

子どもを自分の戸籍に入れている母親が再婚した場合、母親と再婚相手は新しい戸籍を作ります

が、子どもは母親の元の戸籍に入ったままです。また、母親の姓は変わりますが、子どもの姓は

変わりません。

子どもを母親と同じ戸籍に入れるためには、再婚相手と子どもが養子縁組をします。養子縁組す

ると、子どもは母親と再婚相手の戸籍に入り、姓も同じになります。

●養子縁組

未成年者を養子縁組するには、家庭裁判所の許可が必要ですが、配偶者の連れ子を養子縁組

る場合は、許可は入りません。ただし、成人の証人が二人必要です。

届出は、再婚相手または子どもの本籍地、住所地の市区町村役場の戸籍係に「養子縁組届」を

提出します。

養子縁組することで、子どもは再婚相手の嫡出子としての身分を得ることになります。養父が亡く

なれば、相続人として財産を相続することになります。

では、実の父親の財産は、相続できないのでしょうか?

実の父親とも親子関係は継続するので、実の父親の財産も相続できます。

二人から財産をもらえるのはラッキーですが、マイナスの財産も相続しますので、しっかりチェック

してくださいね。

 

 

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 戸籍, 離婚問題 | タグ: , ,

離婚後 子どもの戸籍と姓2

 

「離婚後 子どもの戸籍と姓」 を詳しく書き直しました。

●両親が離婚しても子どもの戸籍は変わらない

両親が離婚し、母親が戸籍を抜けても子どもの戸籍はそのままです。母親が親権をとったとしても

戸籍が自動的に変わることはありません。

母親が旧姓に戻り、母親を筆頭者とする新しい戸籍を作っても、子どもは父親を筆頭者とする戸

籍のままで、姓も変わりません。戸籍の記載事項に、協議離婚したことと、親権者が母親であること

が記載されるだけです。

母親が離婚前(婚姻中)の姓を名乗り、母親を筆頭者とする新しい戸籍を作ると、母親と子どもの

姓は同じになりますが、戸籍上は別々の扱いになります。

結局、母親が旧姓に戻り新しい戸籍を作っても、離婚前(婚姻中)の姓を名乗り新しい戸籍を作っ

たとしても、それだけでは、子どもと一緒の戸籍にには入れないことになります。

●子どもの戸籍と姓を変更する手続き

父親が親権をとり、子どもと一緒に生活する場合は、特に手続きは必要ありませんが、母親が親権

をとり、子どもと一緒に生活する場合、姓が違う、戸籍が違うでは社会生活に影響が出てくる場合

があります。

このような場合、親権者の母親が子どもに自分と同じ姓を名乗らせ、同じ戸籍に入れるには、家庭

裁判所に「子の氏の変更許可」を申し立てる必要があります。

しつこいですが、母親が旧姓を名乗る場合でも、離婚前の姓を名乗る場合でも、子どもを母親と同

じ戸籍に入れるには、家庭裁判所の「子の氏の変更許可」申立ての手続きが必要になります。申

し立てる家庭裁判所は、子どもの住所地を管轄する家庭裁判所になります。裁判所から許可がで

ると、「審判書」が渡されますので、それを持って、市町村役場の戸籍係に行き「入籍届」を出しま

す。これで、母親と子どもは、同じ姓、同じ戸籍になります。

ちなみに、母親が離婚前(婚姻中)の姓を名乗り、子どもを父親の戸籍に入れたままにする場合

は、家庭裁判所に「子の氏の変更許可」を申し立てる必要はありません。

申立て人は、子どもが15歳以上の場合は、子ども本人になります。15歳未満の場合は、法定代

理人(親権者)が申し立てることになります。

●氏を変更した子どもが満20歳になると、氏を選択できる

氏を変更した子どもは、満20歳から21歳になるまでの1年間の間に、今の氏を元の氏に戻すこと

ができます。家庭裁判所の許可は必要なく、市区町村役場の戸籍係に届出をすれば元の氏に戻

れます。また、その際に、元の戸籍に戻るか、新しく自分を筆頭者とする戸籍を作るかの選択をす

ることもできます。

 

 

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 戸籍, 離婚問題 | タグ: , ,

離婚届

 

協議離婚は、離婚届を市区町村役場に出し、受理された時点で離婚は成立します。

このときに、証人2名の署名・押印が必要です。親や、友人、知人など20歳以上であればだれで

もかまいません。

夫、妻の印鑑は、別々のものを使用します。証人が同一の姓の場合も、印鑑は別々のものを使用

します。印鑑は実印である必要はありませんが、シャチハタは使用できませんので、気をつけてく

ださい。

離婚届は、夫婦の本籍地か住所地の市区町村役場の戸籍係に提出します。届け出は、郵送でも

かまいません。夫婦の一方が出してもよいですし、第三者に依頼することもできます。

本籍地以外に提出するときは、戸籍謄本が必要になります。

 

●子どもの親権

離婚届には、子どもの親権者を記入する欄があり、親権者を決めなければ受理されないことにな

っています。

また、離婚届の最後に、未成年の子どもがいる場合には、面会交流(一方の親と会うことなど)につ

いて、取り決めをしているか否か、養育費の分担についての取り決めをしているか否かをチェック

する欄がありますが、こちらのほうは、取り決めをしていないからといって、離婚が認められないとい

うことはありません。

3__

 

離婚をしてから、養育費などについて決めようと思っても、相手が話し合いにも応じないこともあり

ます。養育費などのお金のことについては、必ず離婚前に書面にしておくようにしてください。

●離婚後の姓

「婚姻前の氏に戻る者の本籍」を記入する欄があります。

婚姻前の姓の名乗る場合、実家の戸籍に入るか、自分を筆頭者として新しく戸籍を作るかを選択

します。子どもを自分の戸籍に入れたい場合は、親子三代は一緒の戸籍に入れませんので、自

分を筆頭者として新しく戸籍を作ることになります。

婚姻前の姓を名乗らず、離婚後も婚姻中の姓を名乗る場合でも、新しい戸籍を作る必要がありま

す。この場合、離婚届と同時か、離婚成立の日から3か月以内に「離婚の際に称していた氏を称す

る届」を戸籍係に提出しなければなりません。

 

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 協議離婚, 戸籍, 離婚問題 | タグ: , ,

離婚後・子どもの戸籍と姓

父母が離婚しても、子どもの戸籍に変動はありません。

母親が旧姓に戻り、子どもにも母親の姓を名乗らせたい場合は、2段階の手続きが必要で

す。

まず、子どもの住所地の家庭裁判所に、子の氏の変更許可の審判を申立て、許可を得る必

要があります。

「子の氏の変更許可申立書」は、こちらからダンロードできます。

申立人は本人ですが、15歳未満の場合は、親権者が申し立てることになります。

郵送での申し立てもOKですが、念のために該当の家庭裁判所にお問い合わせください。

許可されると、家庭裁判所より「審判書」が送付されてきます。

次に、この「審判書」を持って、市町村役場の戸籍係りに行き、ご自身の戸籍への入籍届

を提出します。

これで、子どもは、母親の戸籍に入り、母親の姓を名乗ることになります。

母親の戸籍に入った子どもが、学校などの関係で以前の姓を名乗っても特に問題はありま

せん。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 戸籍 | タグ: , ,

離婚後・ご自身の戸籍と姓

離婚後の戸籍は、以下の3つが選択肢になります。

●旧姓に戻り、新しく自分を筆頭者とした戸籍を作る

戸籍は、氏を同一にする夫婦親子で構成されます。親子3代の記載は認められていませ

ん。おじいちゃん・おばあちゃんと孫は一緒の戸籍に入れないのです。

ご自身が親権者になり子どもを自分の戸籍に入れ、旧姓を名乗らせたい場合は、こちらに

なります。

●旧姓に戻り、結婚前の戸籍に戻る

●婚姻時の姓を名のり、新しく自分を筆頭者とした戸籍を作る

仕事の関係で、婚姻時の氏を変えたくない場合などは、こちらが選択肢になります。

姓は同じでも、ご自身を筆頭者として新しい戸籍を作ることになります。

離婚後3カ月以内に、市町村役場 に婚氏続称の届け出をすれば、家庭裁判所への申立ては

不要です。

子どもの戸籍と姓については、こちらをご覧ください。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 戸籍 | タグ:
このページのトップへ