離婚公正証書」カテゴリーアーカイブ

兵庫県芦屋市の行政書士が、離婚公正証書を作成します。

離婚届けは、公正証書の前に出すのか、後に出すのか?

 

離婚公正証書の作成を依頼された方から、

「離婚届」は、公正証書作成の前に出したほうがいいのでしょうか?後に出したほうがよいのでしょう

か?という質問をよく受けます。

通常は、離婚公正証書を作成した後に「離婚届」を出されることをお勧めしています。

「離婚届」を出してからだと、条件面で相手の同意を得ることが難しくなるからです。

とにかく妻と別れたがっている夫などは、離婚さえできれば後のことは、知らぬ存ぜずで、

離婚後に、いくら妻から条件を出したとしても、それに応ずる必要はなくなるからです。

調停という手もありますが、とにかく時間がかかります。

夫に対して、離婚するためには「最低限、この条件はのんでもらう」というふうにして話し合わなけ

れば、いつまでたっても拉致があきません。

ほとんどといってもいいくらいよくあるケースですが、

当初は、こちらにとってよい条件に曖昧な返事をしていた夫も、書面作成になると、急に厳しい条

件をつきつけてきます。離婚協議書作成は、どたんばでやたら時間がかかってしまうことも多いで

す。

離婚協議書作成→公正証書作成へと進みますが、この際にも、できるだけ時間をおかずに

公証役場へ予約を入れることをお勧めしています。時間を置くと、その間にも相手の気が変わって

しまう可能性が高くなるからです。

公証役場へは、二人で出向く場合と、行政書士が代理作成を行う場合があります。

お一人だけの代理作成もできますし、どちらも都合が悪い場合は、お二人とも代理作成が可能で

す。状況に合わせて、ご利用されたらよいと思います。

 

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 離婚公正証書 | タグ: , ,

離婚公正証書の作成代理

公正証書を作成する方法は、2つあります。

当事者で公証役場に行く方法と、行政書士に依頼して代理で作成してもらう方法です。

行政書士に依頼するメリットは?

2人で公証役場に出向く日程が決まっていても、直前になって相手が約束を破ることも考えられます。
相手は、財産分与や養育費の支払いなど、長期に渡りお金を支払わなければならないので、
当初はOKの返事をしていても、突然、気が変わることもあるでしょう。
行政書士に依頼しておけば、そのような心配もなく公正証書は確実に作成されるのです。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 離婚公正証書 | タグ: ,

離婚公正証書

協議離婚は夫婦の話合いだけで成立しますが、その内容を必ず書面で残しておくことが大切です。
離婚後に相手が約束を守らなかった場合、その書面を証拠として相手に約束を守らせることができるからです。
「約束したから大丈夫」という安易な考え方では、自分の首をしめることになりかねません。

法律的にも、口約束だけで契約は成立します。
では、なぜ、面倒でお金のかかる契約書をわざわざ作るのでしょうか?
それは、相手が約束を守らないという最悪の事態を想定して自分を守るためです。

離婚の取り決め事は、財産分与、養育費、慰謝料など、まさにお金に関することです。
そのような大事なことを、決して口約束だけですませてはいけません。

離婚協議書だけで安心かというとそうではありません。
その書類を強制執行認諾約款付きの公正証書にしておくのです。
公正証書は、公証人が作成する公文書で裁判の判決と同じ効果があります。

公証人は、裁判官、検察官、弁護士などの法律実務経験者などの中から法務大臣によって任命されます。 いわば、法律のプロです。

全国の公証役場で作成することが可能です。

こうしておけば、相手が約束を守らないときには、裁判所を通して強制執行の手続きをとり、

相手方の財産(おもに給与)を差し押さえることができるのです。

離婚協議書だけの場合は、それを証拠として調停や裁判をおこさなければなりません。
時間も費用もかかります。

できるだけ離婚公正証書を作成するようにしてください。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 離婚公正証書 | タグ: , ,
このページのトップへ