法定相続人」カテゴリーアーカイブ

法定相続人

遺言を残さず亡くなった場合、相続人はどうやって相続財産を分けるのでしょうか?
だれが相続人になるのか(法定相続人)、相続する割合(法定相続分)は、民法で定められています。
相続人は、この相続割合に応じて相続財産を分けることになります。
順位
相続人 相続割合 ※代襲相続
第1順位
配偶者子供
配偶者 → 2分の1
子供 → 2分の1
※(非嫡出子は嫡出子の2分の1)
孫、ひ孫・・・
第2順位
配偶者直系尊属
(父母)
配偶者 → 3分の2
直系尊属 →3分の1
できない
第3順位
配偶者兄弟姉妹
配偶者 → 4分の3
兄弟姉妹→ 4分の1
甥と姪まで
配偶者は、常に相続人になります。
第1順位 子どもがいる場合は、子どもが相続人になります。
第2順位 子どもがいない場合、直系尊属(父母)が相続人になります。
第3順位 子どもも直系尊属(父母)もいない場合、兄弟姉妹が相続人になります。
※1 代襲相続とは、相続人になるはずであった人が相続開始前に死亡していたり、
または相続権を失った場合には、その人の子が相続するという制度です。
よくあるのは、親よりも先に子どもが亡くなり、その子ども(孫)が相続するという場合です。
兄弟姉妹が相続する場合の代襲相続は、甥、姪で終了します。
※2 非嫡出子(婚姻外の子)は、嫡出子の2分の1の相続分になります。
この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 法定相続人, 相続 | タグ: ,
このページのトップへ