遺言」カテゴリーアーカイブ

なぜ遺言書を書くのか

終活のしめくくりとして、遺言を考える方もいらっしゃると思います。「うちは、そんな大した財産はないから大丈夫」「うちの子に限ってもめるわけがない」そう言われる方も多いです。

今日は、実務で依頼を受けた案件をもとに、「なぜ遺言書を書くのか」を考えるきっかけにしていただけたらと思います。

notepad and pencil

私が依頼人のお子さんのA子さんとお会いしたのは、友人の紹介でスマイリングエンディングノートを買っていただいたのがきっかけです。A子さんは、お父さんが亡くなったときの遺産分割の際に、遺産のほとんど全部をお兄さんが相続し、A子さんは何も相続できず、とても嫌な思いをされた経験がありました。

A子さんのご家族は、お父さん、お母さん、お兄さんの4人です。お父さんが亡くなられたときの財産は、自宅不動産、預貯金で、それなりの金額でした。お母さん、お兄さん、A子さんで遺産分割の話合いをしたというよりも、お兄さんが一方的に、「財産はぼくが全部継ぐから」の一点張りで、A子さんはもめるのが嫌で結局、1円の財産も相続しませんでした。

obasan_shock 無料

何でゼロなの?

 

自分の財産の整理にという思いでスマイリング・エンディングノートのFULL版を購入し読み進めるうちに、「遺言書」があれば兄ともめずに自分も財産を相続することができることを知りました。遺言書についてもっと詳しく知りたいという思いで、私にご相談いただきました。

私からは、遺言書に財産の分け方を書いておけば、お兄さんと協議することなく遺産を相続することができること、ただし、自筆証書遺言(自分で遺言書を書く)の場合は、検認手続といって、遺言書を家庭裁判所に持っていかなければならず、その手続きで1か月以上はかかること、万一、遺言書に不備があると、その遺言書が無効になってしまうこと、公正証書遺言にしておけば多少の費用はかかるが、相続発生後、速やかに遺言書に沿って手続きが勧められること、遺言執行者を決めておけば、お兄さんの印鑑証明なども必要ないことなどをお話させていただきました。

お母さんの財産は、預貯金900万円です。一般的には、うちにはそれほどの財産はないからという金額ではないでしょうか?それでも、お母さんは、遺言書を書くことを決められたのです。自分の相続のときまで、お兄さんともめてA子さんに可哀そうな思いをさせたくなかったからです。

ILM10_DA06015

その後、お母さんと面談させていただき、財産の確認とだれにどの財産をあげたいのかを確認させていただきました。財産については、A子さんが予めお母さんから聞いて、書きだしてくれていました。通帳を拝見すると、年金が入金される口座と光熱費が落ちる口座が異なっていて、年金が入金されたときに下して、わざわざ別の銀行に入金しているということでした。それを負担に思っておられたので、光熱費が落ちる口座を変更されることをお勧めしました。「そんなこと当たり前じゃない?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、年齢を重ねると、不便を感じながらもずるずるとそのままにしてしまっていたり、そういうことも思いつかなくなってしまうのです。ちなみにお母さんの年齢は83歳です。

そのほかにも、毎年更新される保険証書を何年分も大事にとっていたり、亡くなったお父さんの古い年金関係の書類までとっておられました。必要なもの、不要なものを1つづつ確認して分けていきました。時間はかかりましたが、お母さんにとても喜んでいただけました。

遺言書を書く前に、財産の整理をまずしなければなりませんが、1人ではなかなか進まないことも多いです。子どもがいても、自分の財産の全部を子どもにはまだ知らせたくないと思われる方もいらっしゃいます。そんなときは、専門家にお手伝いしてもらうのも1つの方法です。

遺言書は、70代で一度書いておくのがよいと思います。個人差が大きいですが、80代ではしんどいかな~という印象です。

面談はご自宅まで出張させていただきます。ちょっと聞いてみたいなと思われたら、お気軽にお電話してくださいね。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 終活, 遺言 | タグ:

子どもがいない夫婦の「予備的遺言」

 

前回のブログ、「子どもがいない夫婦の相続」では、夫婦お互いが遺言を遺しておくのが相手に対

する思いやりと書きました。

今回は、もう少し詳しく遺言の内容についてみていきましょう。

ILM10_CG06004

子どもがいない夫婦の夫Aさんと妻Bさんは「私の亡き後は、すべて遺産は妻(夫)に相続させる」

との遺言を書きました。月日は流れ、夫Aさんが先に亡くなり、妻Bさんが夫の財産をすべて相

続しました。

夫亡き後は、近所に住む夫の姪Cさんが親身に面倒をみてくれました。数年後、妻Bさんが亡くな

り、夫の姪Cさんが遺言書を発見しました。みると、「自分の財産はすべて夫Aさんに相続させる」と

書いてあります。でも、Aさんは既に他界しています。Bさんの相続人もいません。このような場合、

どうなるのでしょうか?

Bさんに相続人がいない場合、Bさんの財産は、家庭裁判所の一定の手続きを経て、国庫に納め

られます。それでは、あまりにAさんの姪Cさんが気の毒なので、家庭裁判所は、Cさんが「特別縁

故者に対する相続財産分与」の申立をし、家庭裁判所が認めれば、Cさんは遺産の全部または

一部をもらえることにしました。(遺産の全部をもらえることはほとんどありません)とはいうものの、

この手続きが終了するまでには1年程度を要し、時間も手間もかかってしまいます。

遺言を書く際に、Bさんが「私よりも先に夫が死亡している場合は、その財産は夫の姪Cさんにす

べて遺贈する」という文言を書いておけば、何の問題もなくBさんの遺産はすべてCさんにいった

のです。このような遺言を予備的遺言といいます。

夫のAさんが亡くなった時点でBさんが遺言書を書きかえればよかったのですが、そのようなことを

思いつかないケースも多いでしょう。また、その時点でBさんが判断能力を失っている可能性もあり

ます。子どものいない夫婦が遺言を書く際には、夫(妻)が先に亡くなった場合、だれに相続しても

らいたいのかも書いておかれるとよいでしょう。

※予備的遺言は、子どもがいない夫婦だけでなく、すべての人の遺言にもあてはまります。

ここでは事例として、子どもがいない夫婦を取り上げています。

 

 

 

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 遺言 | タグ: ,

子どもがいない夫婦の相続

 

子どもがいない夫婦の相続は、生前に何の対策もせずに亡くなった場合、もめる可能性が高い

です。子どもがいない老夫婦のケースをみてみましょう。

ILM10_DA19003

夫が先に亡くなり、相続人は妻と夫の兄弟2人。しかも夫の兄が既に他界しており、甥と姪が相続

人に。

相続財産は、自宅2,000万円、預貯金200万円

相続割合は、妻が4分の3、 夫の弟が8分の1、甥・姪が16分の1ずつ になります。

この割合に沿って分けると、妻→1,650万円  夫の弟→275万円  甥・姪→1,375,000円ずつ。

妻が自宅を相続しようと思えば、夫の弟へ275万円  甥・姪にそれぞれ、1,375,000円ずつ支払

わなければなりません。

夫の弟は、好意的で相続分を放棄してくれました。ところが、甥と姪は、小さい子どもをかかえて、

経済的に余裕がなく、どうしても1,375,000円を支払ってほしいと言ってきました。

こうなると、妻は、預貯金200万円を吐き出しても足りません。

妻は、自宅を売却することも考えましたが、住むところを失うことに、どうしても二の足を踏んでしま

います。結局、当初50万円ずつを甥と姪に支払い、不足分については、毎月1万円ずつを分割

で支払うことで合意しました。妻は家を残すことはできましたが、毎月2万円の出費はきついです。

妻からすると、夫の兄弟や甥や姪と財産の分け方を話し合わなければならないのは、相当なストレ

スです。亡き夫が生前に「全財産を妻に相続させる」という遺言を書いておいてくれれば、すべて

の財産は妻のものになったのです。

夫婦のどちらが先に逝くかは、だれにもわかりません。夫だけが遺言を書くのではなく、妻も遺言

を遺して、夫に無用なストレスをかけないようにするのが、相手に対する思いやりだと思います。

 

 

 

 

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 子どもがいない夫婦, 遺言 | タグ: ,

遺言事項 - 未成年後見人の指定

 

遺言に書いて法的効力が生じる事項の1つに、未成年後見人の指定というものがあります。

例えば、ギャンブルで借金のある夫と離婚して子どもの親権者になった。万一自分が死んだとき

に、夫が親権者になることは避けたいという場合、遺言の中で、未成年後見人を指定しておけば

指定された人が親権者になります。妻の父母を未成年後見人に指定することもできます。

未成年後見人に指定された人は、就任時から10日以内に、市町村役場に未成年後見人開始の

届け出を行います。

その後、夫が家庭裁判所に親権者変更の申立てをした場合には、子どもにとってどちらが未成年

後見人として適任なのかを家庭裁判所が判断することになります。

親権者の指定は、最後に親権を行う者で、かつ管理権を有するものとされているので、両親が揃

っている場合には、指定できないことになります。父母のうちどちらかが亡くなれば、もう一方が親

権者になります。

未成年後見人が使い込みなどをしないように監督する人が未成年後見監督人です。遺言では、

未成年後見監督人も指定することができます。

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 遺言, 遺言事項 | タグ: , ,

公正証書遺言を作るための手数料

 

公証役場で公正証書遺言を作成する場合、いくらの手数料が必要なのでしょうか?

公証役場のHPには、次のように書かれています。

目的財産の価額

手数料の額

100万円まで

5000円

200万円まで

7000円

500万円まで

11000円

1000万円まで

17000円

3000万円まで

23000円

5000万円まで

29000円

1億円まで

43000円

2. 上記の基準を前提に,具体的に手数料を算出するには,下記の点に留意が必要です。

  ①財産の相続又は遺贈を受ける人ごとにその財産の価額を算出し,これを上記基準表に当ては

   めて,その価額に対応する手数料額を求め,これらの手数料額を合算して,当該遺言書全体の

   手数料を算出します。

    ②遺言加算といって,全体の財産が1億円未満のときは,上記①によって算出された手数料額

    に,1万1000円が加算されます。

例えば、6000万円の財産(評価額3000万円の不動産、3000万円の預貯金)がある人が、遺言で

妻に不動産(3000万円) 子どもに預貯金各1000万円ずつを遺すと書く場合をみてみましょう。

6000万円の財産だから、手数料は、1億円以下の43000円と思われる人も多いでしょう。

ここで注意が必要なのは、手数料は相続人ごとに計算されるということです。

妻 → 3000万円の不動産   手数料 23000円

子1 → 1000万円預貯金    手数料 17000円

子2 → 1000万円預貯金    手数料 17000円

子3 → 1000万円預貯金    手数料 17000円

これに、全体の財産が1億円未満の場合は 11000円プラスされます。

23000円+17000×3+11000円=85000円

これ以外に用紙代などが必要な場合があります。

意外に高いと思われた方も多いでしょう。

行政書士に依頼する場合、公証役場に支払う手数料のほかに、その報酬も必要になります。

ただ、安全確実に大事な資産を後に遺すための投資と思えば、仕方ないのかもしれません。

遺言について相談してみたいと思われた方、お気軽にお電話してくださいね。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 公正証書遺言, 遺言 | タグ: , ,

遺言を作った方がよい人

 

終活が盛んに行われ、自分の死後について考える人が増えています。

かつて親の相続で自分が大変な目にあった経験から、遺言書作成に関心を持たれる方が増えて

います。

自分の場合は、どうなんだろうと思われた方、

是非、遺言を作った方がよい人をチェックしてください。

 

自分が遺言書を作る場合、どちらがいいのかわからない・・・

自筆証書遺言作成

公正証書遺言作成

相談したいけど、信頼できる人がそばにいない・・・  ← 内容が内容なだけにだれにでも気軽にと

いうわけにはいきませんね。

年齢を重ねると、物事の理解力や判断能力が落ちてきます。

早めの対策が大事です。

この記事をみて、ビビットこられた方は、是非お電話してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 公正証書遺言, 自筆証書遺言, 遺言, 遺言が必要な場合 | タグ: , ,

離婚後の親権者の死亡

 

離婚後、一般的には妻が親権をとるケースが多いと思います。

万一、妻が亡くなってしまったら、親権はどうなるでしょうか?

未成年の子どもについては、親権者(元夫がなる)、後見人(例えば妻の両親がなる)が定まってい

ない状態となります。

この場合、元夫の側から家庭裁判所に「親権者変更の申立」を行えば、家庭裁判所が元夫の親権を

認める可能性は高いと思われます。

一方、妻の親(祖父母)から、「後見人選任」の申立てをすると、家庭裁判所は、離婚原因や、子ども

の生活状況などを考慮して、子の福祉のためにはどちらがふさわしいのかを判断することになりま

す。

よくあるケースは、葬儀後、元夫が子どもを引き取りに来て、それまで子どもを養育していた

祖父母ともめるというものです。元夫が子どもの養育に適さない場合でも、家庭裁判所にそのことを

立証するのは、なかなか難しいものです。

妻が死亡したときに、元夫に子どもを養育されたくないような場合は、遺言を書いておくことをお勧め

します。公証役場で作る公正証書遺言でなくても、自筆証書遺言で十分です。

書き方がわからないという方は、お気軽にご相談ください。

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 自筆証書遺言, 離婚問題 | タグ: , , ,

負担付遺贈 ー 夫が妻のお世話を他人にお願いしたい

 

最近、遺言を書かれる方が増えています。

遺言でだれかに遺産をあげることを遺贈といいます。

遺言書では、相続人に遺産をあげるときは「相続させる」という文言を使い、

相続人以外に遺産をげるときは「遺贈」という文言を使います。

(これは手続き上のメリットがあるからです)

負担付遺贈というのは、遺産はあげるけど、そのかわり一定の負担はしてねというものです。

子どものいない老夫婦(他に相続人なし)を例にみていきましょう。

病弱な妻の面倒は、近くに住む介護士のAさんがみてくれています。

夫のBさんは、自分が先に死んだら、妻Cさんの面倒をAさんにみてもらいたいと思っています。

ただ、無報酬で面倒をみてもらうことはできません。

そこで、Bさんの遺産の中から、○○円をAさんにあげる代わりに、妻Cさんのお世話をお願いしようと

考えました。

Bさんの思う通りの遺言を書くことは可能です。ただ、注意することがあります。

Bさんの遺言で、その内容を書いても、Aさんはそれを拒否(放棄)することもできるということです。

Aさんが遺産をもらってもCさんのお世話をするのが嫌だと思えば「嫌です」といえるのです。

こうならないために、Bさんは予め、Cさんの同意を得ておくことが必要でしょう。

(法律的に同意が求められているということはありません)

Aさんが、Cさんの面倒をみることを承認したけど、Cさんの面倒をみない場合はどうなるでしょうか?

この場合、相続人または遺言執行者がCさんに、相当な期間を定めて「お世話してちょうだいよ」と催

告し、それでもお世話してくれない場合は、家庭裁判所に「遺言取消し」の請求をすることができま

す。Bさんの相続人は、Cさん以外にいないので、この場合は、Cさんあるいは遺言執行者が家庭裁

判所に申し立てることになります。病弱なCさんが法律的な手続きを行うことは無理がありますので、

遺言執行者(遺言を実現してくれる人)を指定しておかれたらよいと思います。

遺言執行者は、未成年、破産者以外はだれでもなれますが、法律的な手続きがあることを考えると

専門家を指定しておかれたほうが安心でしょう。

遺言の取消しが認められれば、Aさんがもらうはずだった遺産はCさんのものになります。

 

 

 

 

 

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 遺言 | タグ: , ,

遺言が必要な場合-ペットの世話を頼みたい(2)

前回の遺言が必要な場合―ペットの世話を頼みたいでは、自分の死後にペットの世話を頼みた

い場合、お金をあげるからペットの世話をしてくださいねという、負担付遺贈をすればよいと書きま

した。

ここでちょっと、人を疑ってみましょう。

自分の死後、負担付遺贈を受けた受遺者が、お金だけもらってペットをほっとらかしにしていたら

どうでしょう。

法律的には、ペットの世話をせずにお金だけもらったとしても、負担付遺贈の効力がなくなるわけ

ではありません。

このようなことを防ぐためには、遺言で遺言執行人を指定しておけばよいのです。

負担付遺贈を受けた受遺者がペットの世話をしないときは、相続人、遺言執行者は、受遺者に対

して、お世話をしてくださいと言うことができます。それでもお世話をしてくれない場合は、相続人、

遺言執行者は、負担付遺贈の取消を請求することができます。

この取消請求は,家庭裁判所に対して審判を求める形で行います。

遺言執行人は、未成年者、破産者以外はだれでもなることができますが、専門家に依頼しておけ

ば、トラブルになったときにも安心でしょう。

 

最近は、身近にペットの世話を頼める人がいないという方が増えてきており、NPO法人などに依

頼するケースもあります。そのような場合も、契約する際には、契約内容をしっかりチェックすること

が大事です。

契約書の見方がよくわからない、一人で契約するのは不安だという方は、お気軽にお電話してく

ださい。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, ペットの世話を頼みたい, 遺言, 遺言が必要な場合 |

ご自身の財産で環境を守りませんか?

ナショナル・トラストは、土地を買い取ることで、環境を守る活動をしている公益社団法人です。

世界遺産の知床や、鎌倉・鶴岡の八幡宮の神聖な森は、その代表地です。

外国資本による土地の買収がメディアでも取り上げられ、日本の自然を守りたいという人が増えています。また、税制優遇制度などもあり、協会への寄付、遺贈の問い合わせも増加しているそうです。

日本行政書士会連合会も、この活動を応援しています。

ご自身の財産を有効に活用したいと思っておられる方は、生前に寄付したり、遺言に寄付することを書いておくなど、選択肢の1つに加えられてもよいのではないでしょうか。

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 遺言 | タグ:
このページのトップへ