代襲相続-子が先に亡くなると孫が相続」タグアーカイブ

代襲(だいしゅう)相続

子どもが親よりも先に死亡した場合、孫に相続を認めなければ、その孫は永久に財産を相続できなくなり

不合理な結果になってしまします。

このようなことがないように子どもが親よりも先に死亡した場合には、被相続人(亡くなった方)の孫が

相続することが認められております。この制度を代襲相続の制度といいます。

相続を受けた孫は代襲相続人といわれます。

代襲相続は、推定相続人の死亡のほか、後述の相続欠格や相続排除の場合にも起こります。

代襲相続は、直系卑属(孫、ひ孫・・・)と兄弟姉妹のみ認められています。

直系尊属(父母)に代襲相続権はありません。

  

直系卑属が相続する場合 → 代襲相続は無限に続きます。

直系卑属の代襲相続で一番多いのは子の代わりの孫が相続するというものです。

孫もすでに死亡しているときは、ひ孫が相続します。

 

  

兄弟姉妹が相続する場合 → 甥・姪で終了です。

被相続人に子がなく、直系尊属も死亡しているときは、兄弟姉妹が相続します。

その兄弟姉妹も既に死亡しているときはその子(被相続人の甥や姪)が代襲相続人になります。

甥や姪も既に死亡しているときは、再代襲はそこで打ち切られます。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 代襲相続-子が先に亡くなると孫が相続 | タグ: ,

遺言が必要 - 相続人が兄弟姉妹だけ

親は既に他界、配偶者なし、子どもなしの場合、相続人は兄弟姉妹だけになります。

相続でもめる確率が、かなり高いです。

兄弟姉妹が既に他界している場合には、代襲相続が起こり、甥や姪が相続人になります。

兄弟姉妹の人数が多いと、相続人が何十人なることもめずらしくありません。

普段からつきあいがあればよいですが、ほとんど音信不通状態ということもあるでしょう。

そのような場合は、話し合いがスムーズにいかず、泥沼化してしまうケースも多いのです。

気をつけてください。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 遺言が必要な場合 | タグ: , ,
このページのトップへ