子どもがいない夫婦」タグアーカイブ

子どもがいない夫婦の「予備的遺言」

 

前回のブログ、「子どもがいない夫婦の相続」では、夫婦お互いが遺言を遺しておくのが相手に対

する思いやりと書きました。

今回は、もう少し詳しく遺言の内容についてみていきましょう。

ILM10_CG06004

子どもがいない夫婦の夫Aさんと妻Bさんは「私の亡き後は、すべて遺産は妻(夫)に相続させる」

との遺言を書きました。月日は流れ、夫Aさんが先に亡くなり、妻Bさんが夫の財産をすべて相

続しました。

夫亡き後は、近所に住む夫の姪Cさんが親身に面倒をみてくれました。数年後、妻Bさんが亡くな

り、夫の姪Cさんが遺言書を発見しました。みると、「自分の財産はすべて夫Aさんに相続させる」と

書いてあります。でも、Aさんは既に他界しています。Bさんの相続人もいません。このような場合、

どうなるのでしょうか?

Bさんに相続人がいない場合、Bさんの財産は、家庭裁判所の一定の手続きを経て、国庫に納め

られます。それでは、あまりにAさんの姪Cさんが気の毒なので、家庭裁判所は、Cさんが「特別縁

故者に対する相続財産分与」の申立をし、家庭裁判所が認めれば、Cさんは遺産の全部または

一部をもらえることにしました。(遺産の全部をもらえることはほとんどありません)とはいうものの、

この手続きが終了するまでには1年程度を要し、時間も手間もかかってしまいます。

遺言を書く際に、Bさんが「私よりも先に夫が死亡している場合は、その財産は夫の姪Cさんにす

べて遺贈する」という文言を書いておけば、何の問題もなくBさんの遺産はすべてCさんにいった

のです。このような遺言を予備的遺言といいます。

夫のAさんが亡くなった時点でBさんが遺言書を書きかえればよかったのですが、そのようなことを

思いつかないケースも多いでしょう。また、その時点でBさんが判断能力を失っている可能性もあり

ます。子どものいない夫婦が遺言を書く際には、夫(妻)が先に亡くなった場合、だれに相続しても

らいたいのかも書いておかれるとよいでしょう。

※予備的遺言は、子どもがいない夫婦だけでなく、すべての人の遺言にもあてはまります。

ここでは事例として、子どもがいない夫婦を取り上げています。

 

 

 

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 遺言 | タグ: ,

遺言が必要 - 子どもがいない夫婦

次のような条件で、遺言がある場合、ない場合は比較してみました。

夫が亡くなりました。夫の両親は既に他界し、兄2人がいます。

相続財産は、自宅だけです。

遺言がなかった場合 

法定相続分に従って、遺産を分割することになります。

相続人は、妻とご主人の兄2人になります。

その場合、妻の法定相続分は、4分の3、兄2人の相続分は、8分の1ずつになります。

兄2人に財産分けを要求された場合、最終的にはその家を売って、お金を妻と兄2人で

分けなければならなくなることもあるのです。

遺言があった場合

「全財産は妻に相続させる」という内容が書いてあると、妻は安心して、その家に住

み続けることができます。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 遺言が必要な場合 | タグ:
このページのトップへ