扶養義務」タグアーカイブ

養育費と認知

Q 私は不倫のすえ、彼の子どもを産みました。1人で育てていくのは大変なので、

養育費を請求したいのですが、できますか?

A 婚姻関係にない男性との間に生まれた子どもが、法律上の養育費を請求するためには、

男性に子であることを認知してもらわなければなりません。

男性が認知届けを提出してくれれば問題ありませんが、拒否するようであれば、

家庭裁判所へ調停を申し立てます。調停が成立しない場合は、裁判で争うことになります。

男性が子どもを認知することによって、男性には法律上の扶養の義務が生じますので、

養育費は請求できることになります。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 養育費 | タグ: , ,

再婚後の養育費

Q 私は子どもの親権者となり、離婚しました。今、再婚を考えています。

私が再婚したら元夫からの養育費はもらえないのでしょうか?

A あなたが再婚したからといって、元夫の子どもに対する扶養の義務がなくなるわけではありません。

ただ、お子さんが再婚相手と養子縁組した場合には、再婚相手が養父となり、一時的な扶養の義務を

負うことになりますので、元夫は二次的な扶養義務者になります。

元夫が養育費の減額や打ち切りの調停を申し立てれば、養親、元夫の社会的地位、経済状況、

家庭環境など諸般の事情を考慮して話し合うことになります。

調停が成立しない場合は、審判で決定されます。

お子さんが再婚相手と養子縁組をしない場合は、養子縁組した場合と比べると、

打ち切りや減額される金額は低くなると考えられます。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 養育費 | タグ: , ,
このページのトップへ