献体」タグアーカイブ

献体

 

エンディングノートをご購入いただく際に、なぜ購入されるのかという理由をお伺いしております。

そして、可能な限り、その理由の参考になる資料を、エンディングノートとともにお渡しするようにし

ています。例えば、先日も献体をしようと思っていて、そのことを是非エンディングノートに書いて

おきたいという方がいらっしゃいました。LITE版を購入していただいたのですが、LITE版には献

体についての解説などは書いていません。そこで、FULL版にかいてある解説及び参考資料(以

下のブログのコピー)つけてお渡ししました。まだお若い方だったのですが、献体登録がこれほど

多いとは思っておられなかったようで、とても参考になったと言っていただきました。

ILM02_DD20022

以下、FULL版の解説です。

「献体は、医学および歯学の発展のため、死後に肉体(遺体)を無償で提供することです。献体の

登録をするには、居住地の都道府県にある医科大学(大学医学部)、歯科大学(大学歯学部)、

または財団法人日本篤志(とくし)献体協会に申し込みます。最近は、献体登録される方が増加

し、一部の大学などでは登録を制限するところもあるようです。献体登録するためには必ずご家

族の同意が必要です。

ご家族の同意を得たうえで献体登録をしても、いざそのときになって、ご家族や親族が反対し、献

体が行われない(不献体)ということも多いようです。じっくり話し合い、理解を得ておくことが大切

ですね。

参考サイト  献体登録が増えています   希望がかなうとは限りません   夫婦で登録

献体の趣旨からははずれますが、献体をすると葬儀の費用がかからないからという理由で希望す

る方もいらっしゃいますが、取扱いについては、各大学によって対応が異なるようです。

献体の増加は死生観の変化のあらわれなのでしょうか?今後も献体を希望する方は増えていくと

思います。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 終活 | タグ:

献体の増加

 

献体は、医学の研究に役立たせるため、遺体を無報酬で提供することです。

正直、献体する人は少ないだろうと思っていましたが、実は、献体数は増加の一途をたどってお

り、登録者数は21万人を超えているということです。

大学によっては、献体の人数を制限するところも出てきています。

献体をするためには、献体篤志家団体(献体の会)か、自分が住んでいる都道府県にある医科大

学(大学医学部)か、歯科大学(大学歯学部)に申し込みます。

献体には、家族の同意が必ず必要です。大学によっては、確認のため、前もって家族を含め面談

をするところもあります。

増加の原因としては、以前に比べて死を理性的に受け入れられるようになったことと、身寄りのな

い人が死後に周りに迷惑をかけたくないからという理由で行う場合もあるようです。

献体をすると、3年後くらいに、遺骨で返ってきます。

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: Smiling Ending Note, ブログ | タグ:
このページのトップへ