生前」タグアーカイブ

相続放棄は、生前にはできない

父親の会社を継いでいる兄から、「父親が生きているうちに相続放棄してほしい」

と言われた ― このような場合、相続放棄は可能でしょうか。

答えは、相続放棄できません。

上記の例でいうと、相続放棄は、父親の死後、

家庭裁判所に「相続放棄」の申述をしなければなりません。

申し立てに対して、家庭裁判所は相続放棄が認められるかどうかを判断するのです。

申立の書式は、家庭裁判所のHP からダウンロードできます。

兄に言われた弟が、父親が生きているときに、「相続放棄します」と言ったとしても、

それは法律的に相続放棄したことにはならないのです。

ちょっと難しいですね。

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 相続 | タグ: , ,

生前の遺産分割は有効か?

親が死んでからもめるのは嫌だから、生前に遺産分割をすませておきたい・・・

法定相続人全員がこのような気持ちで親が生きているときに遺産分割をした場合、その遺産分割は有効でしょうか?

結論は、無効です。

相続人は、相続が発生したときに初めて、相続人として遺産を共有するという状態になるのです。

それ以前から、親の財産を処分する権利が与えられているわけではありません。

親が生きているうちに、誰が何を相続するのかを決めておきたいときは、親に遺言を書いてもらうのが一番よい方法です。

ただし、遺言というのは、本人の意思で書くものです。

無理やりに書かせるものではありませんので、注意してください。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 生前の遺産分割は有効か? | タグ: ,
このページのトップへ