相続」タグアーカイブ

子どもがいない夫婦の相続

 

子どもがいない夫婦の相続は、生前に何の対策もせずに亡くなった場合、もめる可能性が高い

です。子どもがいない老夫婦のケースをみてみましょう。

ILM10_DA19003

夫が先に亡くなり、相続人は妻と夫の兄弟2人。しかも夫の兄が既に他界しており、甥と姪が相続

人に。

相続財産は、自宅2,000万円、預貯金200万円

相続割合は、妻が4分の3、 夫の弟が8分の1、甥・姪が16分の1ずつ になります。

この割合に沿って分けると、妻→1,650万円  夫の弟→275万円  甥・姪→1,375,000円ずつ。

妻が自宅を相続しようと思えば、夫の弟へ275万円  甥・姪にそれぞれ、1,375,000円ずつ支払

わなければなりません。

夫の弟は、好意的で相続分を放棄してくれました。ところが、甥と姪は、小さい子どもをかかえて、

経済的に余裕がなく、どうしても1,375,000円を支払ってほしいと言ってきました。

こうなると、妻は、預貯金200万円を吐き出しても足りません。

妻は、自宅を売却することも考えましたが、住むところを失うことに、どうしても二の足を踏んでしま

います。結局、当初50万円ずつを甥と姪に支払い、不足分については、毎月1万円ずつを分割

で支払うことで合意しました。妻は家を残すことはできましたが、毎月2万円の出費はきついです。

妻からすると、夫の兄弟や甥や姪と財産の分け方を話し合わなければならないのは、相当なストレ

スです。亡き夫が生前に「全財産を妻に相続させる」という遺言を書いておいてくれれば、すべて

の財産は妻のものになったのです。

夫婦のどちらが先に逝くかは、だれにもわかりません。夫だけが遺言を書くのではなく、妻も遺言

を遺して、夫に無用なストレスをかけないようにするのが、相手に対する思いやりだと思います。

 

 

 

 

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 子どもがいない夫婦, 遺言 | タグ: ,

「女性のためのやさしい相続セミナー」のお知らせ 

2017年から相続税が上がるということで、相続について関心をお持ちの方が多いです。

どこに相談に行ったらいいのかわからない

銀行や証券会社のセミナーに参加して、いろいろ勧誘されないか心配なんだけど・・・

相続トラブルって、実際にはどんなこと?

セミナーの内容が理解できなかったらどうしよう。

このような方にお勧めのセミナーです。

女性の方5名様限定という少人数制でのセミナーですので、気軽に参加できます。

難しいことも、できるだけ簡単にお伝えできればと思っています。

私の今年の目標は、現在ご縁のある方、これからご縁をいただく方との縁を大切にすることです。

今回、参加していただいた方とのご縁をとても大切にしたいと思っています。

みなさまの参加を心からお待ちしております。

日 時:129日(水) 午後13301530

場 所:芦屋市民センター207会議室JR、阪急芦屋より徒歩7分、阪神芦屋より徒歩8分)

定 員:女性限定5名様

費 用:3000

特 典: ①オリジナルSmiling Ending ote® 定価735円 をプレゼント

②「相続手続き一覧表」をプレゼント

③「鱸弥生の情報発信 NO.22生前贈与と名義預金」をプレゼント

④ご希望の方には、その場で個別相談(無料)を承ります。(先着順)

210日(月)「女性のためのやさしい遺言セミナー」500円引き

ちらしはこちら → 相続セミナー 

お申し込みは、電話0797-55-6203 またはメールでお願いいたします。

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 新着情報 | タグ: , ,

離婚公正証書を作成した後、夫が死亡

 

離婚公正証書の中で、養育費、財産分与(分割支払い)について取り決めをした後、夫が死亡し

た場合、妻は夫が死亡後も養育費、財産分与のお金をもらえるのでしょうか?

養育費については、夫の一身専属権(その人だけの権利)になりますので、相続されることはあり

ません。ただし、養育費の滞納(債務)があった場合は、その分については相続人(子ども)が引き

継ぐことになります。財産分与(分割金)は、通常の債権として扱われますので、相続人が債務を

引き継ぐことになります。

養育費の滞納分についても、財産分与についても、子どもが母親に支払うことになるので、結局、

親子の話し合いでどうするかを決めることになるでしょう。

夫に負債がある場合は、相続放棄も検討しなければなりませんので、ご注意ください。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 相続, 財産分与, 離婚問題, 養育費 | タグ: , , , , ,
このページのトップへ