相続分」タグアーカイブ

非嫡出子(婚姻していない男女間の子)の相続

民法では、非嫡出子の相続分は、嫡出子(婚姻している夫婦の子)の半分と定められています。

嫡出子のA子さんと、非嫡出子のB子さんがいた場合、相続が発生すると

A子さんは、財産の3分の2  B子さんは、3分の1を相続することになります。

同じ子どこもなのにどうして?という疑問がわいてきます。

これが、争われた裁判がありました。

最高裁判所は、平成7年に、この割合は妥当だという判断をしています。 

その理由は、民法が法律婚を規定しており、婚姻関係にある配偶者とその子(嫡出子)を

優遇する一方で、非嫡出子に対しても一定の相続分を分け与えているので、不合理な

差別ではないというものです。

これに対して、今年(平成23年)の8月に、高裁が嫡出子と非嫡出子の相続分が異なるのは

違憲だという判断をしました。残念ながら、嫡出子側が高裁の判断を受け入れたので、

最高裁にはいきませんでした。

生まれた環境によって、子どもを差別するのはおかいいのではと思われる人もいるでしょう。

社会状況が変化し、法律婚にこだわらない事実婚を選択する人も増えてきています。

今後の判決に注目していきたいです。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 相続 | タグ: , , ,

法定相続人

遺言を残さず亡くなった場合、相続人はどうやって相続財産を分けるのでしょうか?
だれが相続人になるのか(法定相続人)、相続する割合(法定相続分)は、民法で定められています。
相続人は、この相続割合に応じて相続財産を分けることになります。
順位
相続人 相続割合 ※代襲相続
第1順位
配偶者子供
配偶者 → 2分の1
子供 → 2分の1
※(非嫡出子は嫡出子の2分の1)
孫、ひ孫・・・
第2順位
配偶者直系尊属
(父母)
配偶者 → 3分の2
直系尊属 →3分の1
できない
第3順位
配偶者兄弟姉妹
配偶者 → 4分の3
兄弟姉妹→ 4分の1
甥と姪まで
配偶者は、常に相続人になります。
第1順位 子どもがいる場合は、子どもが相続人になります。
第2順位 子どもがいない場合、直系尊属(父母)が相続人になります。
第3順位 子どもも直系尊属(父母)もいない場合、兄弟姉妹が相続人になります。
※1 代襲相続とは、相続人になるはずであった人が相続開始前に死亡していたり、
または相続権を失った場合には、その人の子が相続するという制度です。
よくあるのは、親よりも先に子どもが亡くなり、その子ども(孫)が相続するという場合です。
兄弟姉妹が相続する場合の代襲相続は、甥、姪で終了します。
※2 非嫡出子(婚姻外の子)は、嫡出子の2分の1の相続分になります。
この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 法定相続人, 相続 | タグ: ,
このページのトップへ