相続放棄」タグアーカイブ

相続放棄は、生前にはできない

父親の会社を継いでいる兄から、「父親が生きているうちに相続放棄してほしい」

と言われた ― このような場合、相続放棄は可能でしょうか。

答えは、相続放棄できません。

上記の例でいうと、相続放棄は、父親の死後、

家庭裁判所に「相続放棄」の申述をしなければなりません。

申し立てに対して、家庭裁判所は相続放棄が認められるかどうかを判断するのです。

申立の書式は、家庭裁判所のHP からダウンロードできます。

兄に言われた弟が、父親が生きているときに、「相続放棄します」と言ったとしても、

それは法律的に相続放棄したことにはならないのです。

ちょっと難しいですね。

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 相続 | タグ: , ,

相続放棄

相続放棄は、相続人が、被相続人の死亡を知った時から3か月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申立てをし、

受理されると相続放棄の効果が発生します。

相続放棄すると、放棄した人は初めから相続人でなかったことになります。

例えば、親が亡くなり、長男、二男、三男 の子ども3人が相続人、遺産が6000万円 の場合、

三男が相続放棄すると、長男と二男が相続人になり、

6000万円の遺産は、長男と二男がそれぞれ 3000万円ずつ 相続することになります。

三男が自分の分を長男にあげたいと思い相続放棄しても、三男の相続分の2000万円全てを

長男に相続させることはできません。

そのような場合、3人で遺産分割協議をし、長男3分の2、二男3分の1 三男 0 という持ち分で

相続することを決めればよいのです。

相続放棄は、代襲相続(子どもの相続分を孫が相続する)しません。

また、一度相続放棄をすると、撤回することは原則認められません。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 相続, 相続放棄 | タグ: ,
このページのトップへ