相続権」タグアーカイブ

婚外子(非嫡出子)の相続権

 

2013年9月4日、最高裁が婚外子の相続権を、婚姻をしている男女間に生まれた子供(嫡出子)の2

分の1とする民法の規定を違憲としました。

愛人の子は、正妻の子の半分しか相続財産をもらえなかったのが、

今後は、正妻の子と同じだけ財産をもらえるようになるということです。

マスコミでも大きく取り上げられていたので、ご存知の方も多いと思います。

2001年7月以降発生した相続で、現在も争いが継続しているものについては、違憲とされるようで

す。既に話し合いがついているものについては、適用されません。

115年前に決められた婚外子の規定は、結婚や家族に対する考え方が多様化する現在には、

通用しなくなったということなのでしょうね。(裁判官全員が違憲の判断)

ここでちょっと、正妻の立場に立って考えてみましょう。

正妻は、結婚以来、夫の世話や家事、子育てを真面目にこなしていたとしましょう。

ある日突然、夫に愛人がいて、その人との間に子どもまでできていたら・・・

やはり許せないですよね。そのうえ、夫が亡くなれば、財産は自分の子どもと同じ分だけあげなけれ

ばならない。

では、この妻の気持ちは、何によって慰められるでしょうか。

早い話が、夫に対する慰謝料ということになるのではないかと思います。

日本は、慰謝料の金額が低いです。日本で裁判数が少ないのは、慰謝料が少なく、弁護士費用を

払ってまで訴訟を起こすメリットがないからだと言われています。

夫の浮気に対する慰謝料は、現実問題、夫の経済力によってかなりの開きがあります。

数十万~300万円くらいでしょうか。

そしてこの金額は、夫の不貞(浮気)が原因で離婚した場合のものです。

離婚しないときは、もっと低くなります。

妻は離婚しなければ、慰謝料といっても、大した金額にはなりません。

これでは、妻はふんだりけったりです。

あくまでも個人的な意見ですが、今後は、妻が夫に子どもができたことで慰謝料請求した場合には、

低い金額ではなく、かなり高額な慰謝料を認める判決を出してほしいものです。

このケースは、あくまでも妻が真面目に妻の役割を果たしていた場合のことです。

早く民法改正が行われることを期待しています。

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 相続 | タグ: , ,

胎児の相続権

 

母親のお腹に子どもがいるときに、父親が亡くなってしまった場合、その胎児には相続権はあるので

しょうか?

民法では、「胎児は相続については既に生まれたものとみなす」とし、胎児の相続権を認めていま

す。(胎児が死亡して生まれた場合は適用しない)

父親が亡くなった場合、その相続人は妻と子どもになります。遺産分割協議は、相続人全員で行わ

なければなりませんので、一般的には胎児が生まれてくるのを待って遺産分割協議を行います。

通常、母親は子どもの法定代理人として、法律的なことを決定できますが、相続の場合は、母親と子

どもの利益が相反しますので(母親の取り分を多くすると、子どもの取り分は少なくなる)、家庭裁判

所に特別代理人選任の申立をし、特別代理人を選任してもらわなければなりません。

特別代理人には、利害関係のない親族がなることが多いようですが、特に制限はありません。(申立

書に、特別代理人の候補者を記入する欄があります)

裁判所の提出書類に遺産分割協議書案があります。母親が全財産を相続するなどという、子どもに

とって不利な内容だと裁判所が認めない可能性大です。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 相続 | タグ: , , ,
このページのトップへ