知的資産経営報告書」タグアーカイブ

知的資産経営報告書(2)

先日、兵庫県行政書士会の知財研修に行ってきました。

滋賀県の行政書士・谷田良樹氏が講師です。

知的資産とは、目に見えない強みのことです。

企業の評価は、目に見える売上高、役員報酬、従業員給与、保有資産、支払い能力・・・な

どで判断されます。では、その結果の源となっているものは何でしょうか?

経営理念やモットーであったり、時には社長の人柄だったりします。

製品に対するこだわりは何か→技術やノウハウ

そのこだわりを強化する努力・工夫はどのようなものか、

そのこだわりをどのように活かしているか、

経営者や従業員は、それらを当たり前のようにやっているので、自分たちでその強みを、

意識していないことが多いです。

「知的資産経営報告書」というと、なんだかとっつきにくいイメージがありますが、要

は、会社が無意識レベルでやっていることを、意識レベルまで持ってきてあげること(可

視化)なのです。

報告書は、どのような手順で作成されるのでしょうか。

主にヒヤリングです。とにかく話を聞くことだそうです。

相手の言うことに相槌を打ちながら、いろいろな質問をしていきます。

1回のヒヤリングは、平均3時間程度。これを5~6回行います。

その中で、①強みを認識し、②可視化し ③それらをどのように活用して業績を上げてい

くかなどの「経営戦略」を盛り込んで、「知的資産報告書」を作っていくそうです。

近畿経済産業局 が「知的資産経営報告書」を開示しています。

 

目に見えない強みは、個人事業主にも当てはめることができます。

あなたの強みは何ですか?

自分自身に置き換えて考えてみると、

数少ない女性の行政書士であること(10人に1人くらいかな?)

行動力とパワーがあること、

行政書士歴7年で、そこそこの実績があること、

あとは????

みなさんも、自分の強みを活かしてくださいね。

 

 

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 知的財産権 | タグ: ,

知的資産経営報告書

先週、兵庫県行政書士会の知的財産権の研修に行ってきました。

行政書士が知的資産経営報告書を作成することによって、

企業の目に見えない強みを認識するというものです。

企業が持っている技術、ノウハウ、人材などの目に見えない

知的財産を文書化することによって、企業価値を新たに認識、評価し、

それらを将来、どのように活用していくかのプロセスを明らかに

していくというものです。その流れをストーリーにしていきます。

当日は、神戸の株式会社アーキディレクションズの岩根社長に

お話をしていただきました。

理念は、人と人のハートフルな関係を築くこと

そのためのマネジメントとしては、SP(技術者と営業を兼ね備えた人材)の育成及び

社員のコミュニケーション力を強化する

SPを中心としたコンサルタント(窓口)業務に特化していく

設計者、施工者などとネットワークを組み、パートナー関係を築いていく(アーチアライアンス)

顧客の要望を明確にし、技術のノウハウを高めていく

マンション大規模修繕などのコンサルタントを始めてから、業績は着実に伸びている

 

上記のようなことを文書化していくことにより、会社の知的財産が認識評価され、

社内や外部の評価につながっていく

銀行の融資なども受けやするなるというメリットもあり

とても、興味深い研修でした(#^.^#)

企業価値を高めるのは、大変です。

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 知的財産権 | タグ: ,
このページのトップへ