行政書士」タグアーカイブ

遺言 会話式Q&A ②子どもに知られずに遺言書を作成したいのですが。

 一郎さん 「私は、先祖から引き継いだ財産を含め、3億円以上の財産を持っています。ただ、子どもたちは、私の財産をあてにしていて、遺言書を書くと言うと、兄弟でひと悶着ありそうです。子どもたちに知られずに、遺言書を書くことはできますか?」

fotolia_85973811_subscription_monthly_m

 

すずきさん 「子どもたちが揉めるのはみたくないですからね。お気持ち、お察しいたします。なかには、遺言書を書いたことを、家族には絶対知らせたくないので、行政書士からの連絡はわからないようにしてほしいと言われる方もいらっしゃいますよ。遺言書を書いたことが原因で、あれこれ言われるのが嫌なんだそうです。」

一郎さん 「やはりそうですか。」

すずきさん 「次のような例もありました。自宅不動産や預貯金を長男に相続させるという遺言書を書かれた方がいらっしゃいました。その内容を聞いた長男は、それ以降、遺言者をぞんざいに扱い、怒った遺言者が後日、長男には内緒で、遺言書を書きかえられました。長男は、遺言書で財産をもらえることが確実になったので、遺言者を大事にしなくなったのでしょうね。」

ilm08_ab09006

一郎さん 「そんなこともあるんですね。参考になりました。」

すずきさん 「すみません、話がそれましたね。自筆で書く遺言を自筆証書遺言といいます。これだと、だれにも知られずに遺言書を書くことができますが、法律で決められた方式を満たさないと、無効になってしまう可能性があり、お勧めはしません。やはり、公正証書遺言がよいと思います。公正証書遺言は、公証役場に行って作ります。公証人という元裁判官や元検事が作るので、法律的な問題が起こることはほとんどありません。また、原本は、公証役場で保管されるので、偽造変造の恐れもありません。デメリットは、証人が二人必要だということです。そういう意味では、だれにも知られずに作成することはできないということになりますが、行政書士などの専門家や公証役場で用意してくれる証人ですと信頼できると思いますよ。」

一郎さん 「なるほど、そうですか。子どもたちに知られなければ、それもいいかもしれませんね。」

すずきさん 「そうですね。もう1つデメリットがあるのですが、公正証書を作成するには、費用がかかります。財産額と相続人の人数によって計算されます。」

公証役場・公正証書作成手数料

目的財産の価額

手数料の額

100万円まで

5,000円

200万円まで

7,000円

500万円まで

11,000円

1,000万円まで

17,000円

3,000万円まで

23,000円

5,000万円まで

29,000円

1億円まで

43,000円

1. 1億円を超える部分については
  1億円を超え3億円まで  5,000万円毎に 1万3,000円
  3億円を超え10億円まで 5,000万円毎に 1万1,000円
  10億円を超える部分   5,000万円毎に 8,000円 がそれぞれ加算されます。 

2. 上記の基準を前提に,具体的に手数料を算出するには,下記の点に留意が必要です。

財産の相続又は遺贈を受ける人ごとにその財産の価額を算出し,これを上記基準表に当てはめて,その価額に対応する手数料額を求め,これらの手数料額を合算して,当該遺言書全体の手数料を算出します。

②遺言加算といって,全体の財産が1億円未満のときは,上記①によって算出された手数料額に,1万1000円が加算されます。

一郎さん 「費用がかかるのは仕方ありませんね。元裁判官や元検事さんが作成してくれるのですから、安心できます。」

ilm14_aa01044

すずきさん 「おっしゃる通りです。大事な財産を安全確実にお子さんに引き継ぐコストですからね。」

一郎さん 「なんだかほっとしました。私の面倒をよくみてくれる子どもには、多くの財産をあげて、そうでない子は、※遺留分だけにしようと思います。」

すずきさん 「そうですか。子どもは親の思い通りにはいきませんね。」

※遺留分 相続人が最低限相続できる相続分。相続人が子どもだけの場合、通常もらえる相続分の半分が遺留分になる。兄弟二人が相続人の場合、遺留分は、遺産の4分の1になる。

一郎さん 「財産のことで、いろいろ相談にのってほしいことがあるのですが。」

すずきさん 「もちろん、承ります。公正証書遺言のご依頼の場合は、報酬をいただくことになりますが。」

一郎さん 「けっこうです。いろいろ相談に乗っていただきたいことがありますので、よろしくお願いします。」

すずきさん 「行政書士に公正証書遺言の作成をご依頼いただいた場合、公証役場との打ち合わせは、すべて私のほうで行います。作成日に、公証役場に一度行っていただくだけで大丈夫です。また、将来、遺言書の書き直しなどがあった場合にも、事情がわかっているので、スムーズに進むと思います。年齢とともに、自分で何かを行うのが億劫になってきますよね。行政書士が、手足となって動きますので、ご安心くださいね。」

一郎さん 「それは有難いです。財産をまとめて、あらためてこちらから、連絡させていただきます。」

すずきさん 「はい、お待ちしております。」

POINT 子どもに知られずに遺言書を書きたい場合、自筆証書遺言があるが、無効になる可能性もあり、お勧めはしない。公正証書遺言は、証人二人必要だが、子どもに知られずに遺言書を作成できる!!

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 公正証書遺言, 遺言 | タグ: , , , , ,

離婚公正証書を作成した後、夫が死亡

 

離婚公正証書の中で、養育費、財産分与(分割支払い)について取り決めをした後、夫が死亡し

た場合、妻は夫が死亡後も養育費、財産分与のお金をもらえるのでしょうか?

養育費については、夫の一身専属権(その人だけの権利)になりますので、相続されることはあり

ません。ただし、養育費の滞納(債務)があった場合は、その分については相続人(子ども)が引き

継ぐことになります。財産分与(分割金)は、通常の債権として扱われますので、相続人が債務を

引き継ぐことになります。

養育費の滞納分についても、財産分与についても、子どもが母親に支払うことになるので、結局、

親子の話し合いでどうするかを決めることになるでしょう。

夫に負債がある場合は、相続放棄も検討しなければなりませんので、ご注意ください。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 相続, 財産分与, 離婚問題, 養育費 | タグ: , , , , ,

調停について- 元裁判官・元調停委員のお話

今日は、兵庫県行政書士会の研修がありました。離婚問題研修の第3回目で、元裁判官・元弁護士・元調停員の山崎杲氏が講師を務めてくださいました。

40年間、家裁の裁判官、調停委員として調停にたずさわった結果、山崎氏が到達した思いは、離婚調停の究極の目標は、「円満な離婚」であるということ。

そして、その「円満な離婚」を達成するためには、双方が心理的離婚の状態になっていることが条件であるといいます。では、「心理的離婚」とは何でしょうか。

①結婚生活に失敗した「自分」を受け容れ、元の配偶者とはもう一緒に住めないという「現実」を受け入れ、やり直せるかもしれないという「空想」を捨て、諦めることであり、相手と「心理的」にきれること、すなわち「心理的」に離婚が成立した状態

→主観的 感情・感性の問題であり、内心の痛手を癒せるかどうかの問題

調停委員は、相手への恨み、憎しみの感情を吐き出させ、癒されるようにもっていかなければならない。双方がぐちゃぐちゃの状態であり、法律は役に立たない。

②婚姻が「客観的」には失敗に終わったことを認めるとともに、自分にも相手にもその原因となる「マイナスポイント」があったことを認めることができるようになった心理状態、即ち、「自分」と「相手」の「その関係」とが「客観視」できるようになった心理状態(いわば「客観的破綻の主観化」)

→破綻のいきさつを客観的事実として整理できるかの問題

調停委員が、婚姻生活が破たんしたいきさつを順を追って説明してほしいというと、双方とも自分の都合のよいところから話すが、簡単に自分の悪い部分を認める。追及してしまうと、自分の非を認めなくなる。いきさつを話していく段階で、自分の問題点が見えてきて、頭で整理でるようになってくる。

双方がこうなることで、「心理的離婚」に至る。

1回目の調停では、現実が見えている人は少ないが、何度かの調停で、顔つきや態度が変化してくる。本来は、お互いで解決できる力を持っているので、調停委員は、その能力を引き出していくだけということです。

離婚は、「夫婦関係の解消」と「親子関係の継続」という矛盾した要請が内在しており、離婚に際しては、その要請のそれぞれが克服されねばならない。「心理的離婚」に至らない状態で法的離婚(審判離婚・裁判離婚)した場合、親権をとった親は、子どもに親権を取らなかった親は死んだなどとうそをつくこともある。逆に親権を取らなかった親は、面接交渉や養育費の減額を要求し、紛争が延々と繰り広げられることになる。

子どもへの影響は、とても大きい。

平成22年5月13日の毎日新聞「親子が別れるとき離婚を考える④」欄に掲載されていました。

幼児期の父母離婚後父方で養育された男性が、出産後まもなく死亡したと聞かされていた母親につき、高校生の時、父方祖母から「あの女はお前が邪魔で捨てた」と聞かされて衝撃を受け、離婚を長い間隠されていたことに怒りを感じたこと、以来、人が怖く人間関係で辛さを感じるようになり、大学卒業後就職した会社を1か月で退職、アルバイトも続かず、カウンセリングに通ううち、自分を肯定するのが苦手で、それが成育歴からきているかもしれないと思い始めたこと、戸籍を調べ手紙を出して26歳で母に初めて会い、母から離婚時に父方祖母から「子は置いていけ。二度と会うな」と言われたことなどを聞くうち、少し気持ちの整理がついた気がしたこと、母との交流や自分のつらい気持ちを話す会に参加したりして徐々に自信を回復し、2年前に就職し一人暮らしも始めた。

こういう話を聞くと、親も大人になり「心理的離婚」に至ってから離婚してほしいと、しみじみ思います。

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 調停離婚 | タグ: , ,

芦屋市の検診

今日の午前中、芦屋市の保健福祉センターに検診に行ってきました。

2年位前に新しくできたばかりで、とても綺麗です。

隣には芦屋温泉があり(行ったことないけど)、足湯もあります。

自宅からだと、徒歩で5分もかからず、楽ですわ。

レントゲン、血液検査、大腸がん検診、乳がん検診(マンモグラフィ)、血圧、検尿、

身長、体重測定、内科検診といったところです。

そんなに混んでもいなくて、スムーズに進みました。

血圧は、上95 下48 とちょっと低め。

これでもましになったほうで、昔は上80 下35 というときもありました。

何回もはかり直されましたよ(笑)

朝起きるのがちょっとしんどいくらいで、後は概ね健康。

1か月後くらいに検査結果がでるらしい。

何もないと思うけど、結果がでるまではちょっと不安。

健康は有難いですね。

 

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 雑記 | タグ: ,

「おひとりさまの終活」を読んで

 

中澤ますみ著「おひとりさまの終活」を読みました。

老後を迎える人たちの最大の不安は、お金と病気。おひとりさまにとっては「孤独死」

も恐怖のひとつ。

著者が、さまざまな高齢者向け見守り安否確認サービスを取材するなかで思ったことは、

見守りは「される」だけではなく、自分自身が様々な医療や介護をオーダーメイド感覚で

作り上げていく「自分力」が必要だということ。

この本の中では、本当にたくさんの情報サイトが紹介されています。

以下、一部を記載します。

福祉・保健・医療の総合情報サイトWAM NET(ワムネット)

全国の介護事業者を簡単に検索できるサイト「介護サービス公表システム

離れて暮らす親のケアを考える会 NPO法人パオッコ

認知症の情報 認知症なんでもサイト 公益社団法人 認知症の人と家族の会

在宅医紹介サイト 一般社団法人在宅医療ネットワーク 末期がんの方の在宅ケアデーベース

高齢期を支え合う仲間の会 が作った緊急対応ノート

ボケた自分を誰に託すか NPOりすシステム NPO法人きずなの会 公益財団法人日本ライフ協会

NPO法人トータルライフサポート

参考になさってください。

 

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 任意後見制度 | タグ: , ,

スマイリング・エンディングノート ご感想2

スマイリング・エンディングノートのご感想をご紹介します。

_______________________________________

「正直エンディングノートとはもっとシンプルなものと思っていて、ズッシリとした重み

に少しびっくりしました。

ノートを捲っていくうちに女性の視点が木目細かく作られているのに感心しました。

60才半ば過ぎた私にとって ”2.将来のこと” は必須なものでした。

「少しずつでもご記入・・・」と送付書に書かれていて、そうだ、昔の事を思い出しながら

少しずつ大事に記入していこうと思っています。(書きたくない箇所とか抜き差しできる

方法もご一考下さい)」

兵庫県吹田市  60歳代女性

________________________________________

鱸から一言

ページ数は、それほど多くはありませんが、質の良い用紙を使っています。

そのため、それなりの重さを感じていただけたのではないでしょうか。

おっしゃるとおり、一度に書くというのではなく、何度かに分けて、ゆっくりお書きいた

だけると負担が少ないと思います。

抜き差しできる方法というのは、例えば財産の記録の項目などで、変動するものに対して

ページごと入れ替えることを言われているのでしょうか。

私自身も、それに関しては、入れ替えが簡単にできるようにできればと思っていますが、

現実にはかなりの手間がかかり、現在一人で仕事の合間に作成している状態では、とても

厳しい状況です。申し訳ありません。

書きたくない箇所は書かなくてもよいですよ。(言われている意味が違っていたら、すみ

ません)

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: Smiling Ending Note, ブログ | タグ: ,

訪問販売 クーリングオフ 雛形

訪問販売で商品を購入したけど、よく考えたら要らないものだった、このような場合、契約の申込み(もしくは契約)をした日から数えて8日間以内なら、契約を解除することができます。これをクーリングオフといいます。

月曜日に契約の申込みをした場合には、次の月曜日の消印までに文書で送付すれば大丈夫です。問題ない業者はハガキで、ややこしい業者の場合は内容証明郵便が確実です。ハガキは両面コピーして、特定記録郵便や簡易書留で送付します。

文面は、以下のとおりです。信販会社とローンを組んだ場合には、信販会社にもクーリングオフ通知を送付します。

___________________________________

   通 知 書

私は、貴社との間の次の ①契約の申込の撤回 ②契約の解除 をする旨を通知します。

     記

①申込日  平成○年○月○日

②契約日  平成○年○月○日

商品名

価格

担当者(わからなければなしでOK)

つきましては、支払い済みの金額○○円を、○○銀行 ○○支店

普通 口座番号○○○○  ○○○○名義 に振り込んで、ご返金ください。

商品を早急にお引き取りください。

平成○年○月○日

    契約者の住所

    契約者の名前        印

相手業者の住所

相手業者の会社名

業者の代表者名(わからなければ代表取締役殿)

_______________________________________

※契約の申込みの場合は①を、既に契約をしてしまった場合は②を使用します。

※商品をクーリングオフした場合は、着払いで業者に送付してもよいです。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: クーリングオフ ひな形, ブログ | タグ: , , ,

遺言執行者って?

遺言を書かれるときには、遺言執行者を指定しておくのがよいと、よく言われます。

その理由は、遺言執行者は、遺言に書かれた内容を実現する権限を法律で与えられているからなのです。

親が亡くなり、子ども2人が相続人だったとしましょう。

遺言執行者に行政書士鱸 弥生が指定されていた場合、私の印鑑と印鑑証明で、手続きは終了します。

子ども2人の印鑑とかは必要ないのです。

兄弟仲が悪い場合、印鑑証明1通とってもらうのも大変ですが、そのような面倒なことを

しなくてもよいということです。

遺言執行者に子どもの一人を指定してもよいのですが、子どもが複数いる場合は、

遺言執行者に指定されていない子どもが、財産を独り占めされるのではという疑念を持つことが多く、

できれば、第三者を指定されることをお勧めします。

遺言について、ちょっと聞いてみたいという方は、遠慮なくお電話してください。

遺言作成を強要するようなことはしませんので、ご安心を!!

足がちょっと不自由で という方には出張も承っております。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 遺言 | タグ: ,

離婚公正証書の作成代理

公正証書を作成する方法は、2つあります。

当事者で公証役場に行く方法と、行政書士に依頼して代理で作成してもらう方法です。

行政書士に依頼するメリットは?

2人で公証役場に出向く日程が決まっていても、直前になって相手が約束を破ることも考えられます。
相手は、財産分与や養育費の支払いなど、長期に渡りお金を支払わなければならないので、
当初はOKの返事をしていても、突然、気が変わることもあるでしょう。
行政書士に依頼しておけば、そのような心配もなく公正証書は確実に作成されるのです。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 離婚公正証書 | タグ: ,

離婚公正証書

協議離婚は夫婦の話合いだけで成立しますが、その内容を必ず書面で残しておくことが大切です。
離婚後に相手が約束を守らなかった場合、その書面を証拠として相手に約束を守らせることができるからです。
「約束したから大丈夫」という安易な考え方では、自分の首をしめることになりかねません。

法律的にも、口約束だけで契約は成立します。
では、なぜ、面倒でお金のかかる契約書をわざわざ作るのでしょうか?
それは、相手が約束を守らないという最悪の事態を想定して自分を守るためです。

離婚の取り決め事は、財産分与、養育費、慰謝料など、まさにお金に関することです。
そのような大事なことを、決して口約束だけですませてはいけません。

離婚協議書だけで安心かというとそうではありません。
その書類を強制執行認諾約款付きの公正証書にしておくのです。
公正証書は、公証人が作成する公文書で裁判の判決と同じ効果があります。

公証人は、裁判官、検察官、弁護士などの法律実務経験者などの中から法務大臣によって任命されます。 いわば、法律のプロです。

全国の公証役場で作成することが可能です。

こうしておけば、相手が約束を守らないときには、裁判所を通して強制執行の手続きをとり、

相手方の財産(おもに給与)を差し押さえることができるのです。

離婚協議書だけの場合は、それを証拠として調停や裁判をおこさなければなりません。
時間も費用もかかります。

できるだけ離婚公正証書を作成するようにしてください。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 離婚公正証書 | タグ: , ,
このページのトップへ