調停」タグアーカイブ

離婚調停

 

離婚条件について話し合っても解決できないときは、調停を申立てます。

調停を申し立てる家庭裁判所は、相手の住所地を管轄する家庭裁判所になります。

妻と夫の住所地が離れている場合は、妻から調停を申し立てると、調停に行くための交通費などが

かかってしまい不利になるケースもあります。このような場合は、なるべく相手から調停を申し立て

てもらうようにするとよいでしょう。

妻が幼い子どもを養育している場合などは、裁判所に事情を申し出れば、調停場所を妻の住所地を

管轄する家庭裁判所にしてもらえることもあります。

家庭裁判所に離婚調停を申し立てる際、「申立書」を記入します。この申立書のコピーは夫に送付さ

れます。夫側からすると、妻の申立てに対して作戦をたてる時間が持てることになります。

申立て後、第一回の調停が開かれるまでに1か月くらいかかります。調停は、調停委員2名が夫、妻

から、それぞれ別々で事情を聞きます。男女ペアになっています。

調停はあくまで公の機関ですので、二人そろってどちらかの味方をしてくれるということはありませ

ん。一方が妻側に理解を示して、もう一方が夫側に理解を示すという感じです。

例えば、妻が長年夫の不倫に苦しめられていたけど、子どものために我慢して夫婦生活を送ってい

たという状態でも、夫が100%悪いというふうにはみてもらえません。夫の不倫を長らく容認していた

妻にも責任があるのではということを言われたりします。調停委員には、できるだけ自分の主張を認

めてもらえるように、資料などを用意して冷静に丁寧に説明するようにされたらよいと思います。

実際に調停をされた方からお話をお伺いすると、調停委員によってかなり意見のばらつきがあるよう

です。途中で調停委員がやむを得ない事情で変更になった方がいらしたのですが、最初の調停委

員(男性)は、妻に好意的な意見であったにもかかわらず、変更後の調停委員は、妻に否定的な意

見の人で、人によってこんなに違うんだということを実感されたそうです。(通常、調停委員が途中で

変更になることは余ほどの事情がない限りありえません)

調停を申し立てる時点で、自分がどこまで条件的に譲歩できるのかを考えておいてください。調停

は、あくまでも第三者を入れての話し合いです。話し合いである以上、どちらかの意見が100%通る

ことはありません。どちらも譲歩する必要があります。通常は、おとしどころよりも高めの条件を提示し

て、そこから話し合いで条件を下げていくということになります。

調停で話し合いがつくと、その内容を「調停調書」にしてもらえます。この調停調書があれば、万一、

養育費が支払われないような場合でも強制執行をかけることができます。

調停調書の内容はしっかり確認してください。自分が思っていた内容と調停調書の内容が異なって

いるという相談を受けたことがありますのでご注意ください。

 

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 調停離婚, 離婚問題 | タグ: ,

調停について- 元裁判官・元調停委員のお話

今日は、兵庫県行政書士会の研修がありました。離婚問題研修の第3回目で、元裁判官・元弁護士・元調停員の山崎杲氏が講師を務めてくださいました。

40年間、家裁の裁判官、調停委員として調停にたずさわった結果、山崎氏が到達した思いは、離婚調停の究極の目標は、「円満な離婚」であるということ。

そして、その「円満な離婚」を達成するためには、双方が心理的離婚の状態になっていることが条件であるといいます。では、「心理的離婚」とは何でしょうか。

①結婚生活に失敗した「自分」を受け容れ、元の配偶者とはもう一緒に住めないという「現実」を受け入れ、やり直せるかもしれないという「空想」を捨て、諦めることであり、相手と「心理的」にきれること、すなわち「心理的」に離婚が成立した状態

→主観的 感情・感性の問題であり、内心の痛手を癒せるかどうかの問題

調停委員は、相手への恨み、憎しみの感情を吐き出させ、癒されるようにもっていかなければならない。双方がぐちゃぐちゃの状態であり、法律は役に立たない。

②婚姻が「客観的」には失敗に終わったことを認めるとともに、自分にも相手にもその原因となる「マイナスポイント」があったことを認めることができるようになった心理状態、即ち、「自分」と「相手」の「その関係」とが「客観視」できるようになった心理状態(いわば「客観的破綻の主観化」)

→破綻のいきさつを客観的事実として整理できるかの問題

調停委員が、婚姻生活が破たんしたいきさつを順を追って説明してほしいというと、双方とも自分の都合のよいところから話すが、簡単に自分の悪い部分を認める。追及してしまうと、自分の非を認めなくなる。いきさつを話していく段階で、自分の問題点が見えてきて、頭で整理でるようになってくる。

双方がこうなることで、「心理的離婚」に至る。

1回目の調停では、現実が見えている人は少ないが、何度かの調停で、顔つきや態度が変化してくる。本来は、お互いで解決できる力を持っているので、調停委員は、その能力を引き出していくだけということです。

離婚は、「夫婦関係の解消」と「親子関係の継続」という矛盾した要請が内在しており、離婚に際しては、その要請のそれぞれが克服されねばならない。「心理的離婚」に至らない状態で法的離婚(審判離婚・裁判離婚)した場合、親権をとった親は、子どもに親権を取らなかった親は死んだなどとうそをつくこともある。逆に親権を取らなかった親は、面接交渉や養育費の減額を要求し、紛争が延々と繰り広げられることになる。

子どもへの影響は、とても大きい。

平成22年5月13日の毎日新聞「親子が別れるとき離婚を考える④」欄に掲載されていました。

幼児期の父母離婚後父方で養育された男性が、出産後まもなく死亡したと聞かされていた母親につき、高校生の時、父方祖母から「あの女はお前が邪魔で捨てた」と聞かされて衝撃を受け、離婚を長い間隠されていたことに怒りを感じたこと、以来、人が怖く人間関係で辛さを感じるようになり、大学卒業後就職した会社を1か月で退職、アルバイトも続かず、カウンセリングに通ううち、自分を肯定するのが苦手で、それが成育歴からきているかもしれないと思い始めたこと、戸籍を調べ手紙を出して26歳で母に初めて会い、母から離婚時に父方祖母から「子は置いていけ。二度と会うな」と言われたことなどを聞くうち、少し気持ちの整理がついた気がしたこと、母との交流や自分のつらい気持ちを話す会に参加したりして徐々に自信を回復し、2年前に就職し一人暮らしも始めた。

こういう話を聞くと、親も大人になり「心理的離婚」に至ってから離婚してほしいと、しみじみ思います。

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 調停離婚 | タグ: , ,

子どもが連れ去られたら?

離婚の話し合いで親権者に決まったのに相手が子どもを引き渡してくれない、

離婚後、相手が面接時に子どもを連れ帰ってそのまま返してくれない、

子どもの下校時に連れ去るということがあった場合、

子どもを取り返す方法には、以下の方法があります。

・家庭裁判所に「子の引渡し」の調停・審判を申し立てる

調停で話し合いがつかない場合、家事審判官が審判します。

この方法は、時間がかかるのが欠点です。

急を要する場合は、「審判前の保全処分」も一緒に申し立てます。

審判前の保全処分が認められると、審判前に「子の引渡し」を命じられます。

・人身保護請求

連れ去った親が子どもに暴力をふるう可能性がある場合などは、

最後の手段として人身保護請求があります。

申し立ては地方裁判所ですが、弁護士に依頼する必要があります。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 面会交流(面接交渉) | タグ: , , ,

調停って何するの?

一般の方は、家庭裁判所と聞いただけでも、ドキッとしませんか? 

とても、怖いところというイメージはないですか? 

実際に行ってみると、そうでもないですよ。 

けっこう親切に教えてくれます。 

電話の応対も、昔に比べるとずいぶん丁寧になったような気がします。 

裁判員制度が始まってから、裁判所もけっこう気を遣っているなという印象を受けます。 

調停をするのは、調停委員2人です。 

月1回の割合で調停が開かれます。

調停委員は、当事者(夫、妻)の意見を聞いて、妥協案を提示します。 

このとき、調停委員によって、かなり意見に開きがあるようです。 

調停も交渉と考えるなら、調停委員には嫌われないようするほうが賢明でしょう。 

感情的になり過ぎない(いろいろと我慢してきたことはしっかり伝えてくださいね)、

立証資料を揃える、礼儀正しい言葉使い、立ち居振る舞いを心がけてください。

 調停委員は、年配の方が多いので、その辺りを考えた行動をしてください。

調停で和解が成立しないときは、家事審判官(家庭裁判所の裁判官)が判断を下します。

この審判に納得できないときは、裁判しか道はありません。

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 婚姻費用 | タグ: , ,

調停離婚

夫婦で話し合っても離婚の合意ができない場合や、離婚の合意はできても財産分与や養育費、

慰謝料等のお金の問題や子どもの親権といった離婚するうえでの条件について合意ができない場合は、

夫婦の一方が家庭裁判所に離婚の調停を申し立てることになります。

家庭裁判所では家事審判官と2人以上の調停委員が双方の言い分を聞き妥当な解決策を提示しながら、

和解成立に向けて調停を進めていきます。

お互いの言い分は、別々の部屋で聞かれますので、お互いが顔をあわすことはありません。

1回の調停で終わることはほとんどありません。次回の調停まで1ヶ月程度はかかりますので、

半年くらいはみておかれたほうがよいでしょう。

お互いが合意すれば、調停調書が作成され離婚が成立します。

その後、市区長村役場に離婚届を提出します。

調停は費用も低額(2000円程度)ですので、利用しやすいです。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 調停離婚 | タグ: , ,
このページのトップへ