送達」タグアーカイブ

離婚公正証書 交付送達

今日から仕事はじめです。

昨年の23日に離婚公正証書を作ったのですが(夫は代理作成)、その送達が完了したということで

公証役場から連絡がありました。

けっこう時間がかかったので心配していましたが、連絡があってほっとしています。

公正証書の内容が守られずに強制執行をかけるためには、元夫に公正証書の内容を

送付(交付送達)する必要があるのですが、その手続きを予め行うことができるのです。

交付送達か完了すれば、送達証明書を発行してもらえます。

この送達証明書が、強制執行の際に必要になるのです。

強制執行をかけるときに、元夫の住所が変更になっていたりすると、手続きに時間が

かかってしまいます。このようなリスクを少なくするために、当事務所では、

離婚公正証書作成時に、送達の手続きを済ませておかれることをお勧めしています。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 離婚問題 | タグ: ,

離婚公正証書から強制執行までの流れ

1.公証役場に公正証書正本を持参する。

2.公証人に執行文の付与の申立をする。

3.公正証書謄本の送達申請をする。

この際、相手の住所がわかっている必要があります。

当事務所では、送達手続きは、公正証書作成の際にいっしょに済ませますので安心です。

4.相手の住所地を管轄する地方裁判所に必要書類をそろえて申し立てをする。
詳細は、東京地方裁判所 民事執行センター をご覧ください。


5.裁判所で申し立てが受理されれば、差し押さえ命令がだされ、相手の勤務先などに差し押さえ命令が送達されます。

その後、1週間程度で取立権が発生するので、妻は夫に養育費を支払ってもらうことができます。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 強制執行 | タグ: , ,
このページのトップへ