遺言書」タグアーカイブ

遺言 会話式Q&A  ⑤認知症と診断された母。遺言書を作成できますか?

清子さん  「母を物忘れ外来に連れて行って診てもらったら、認知症と診断されました。兄と弟がいるけど、実家にはほとんど顔をみせなくて。このままだと遺産相続でもめそうなので、今からでも母に遺言書を書いてもらうことはできますか?」

すずきさん 「遺言書を書くためには、意思能力が必要になります。意思能力とは、このような遺言をするとどのような結果になるか、利害関係はどうなるかなどを判断する能力です。お母さんの認知症の程度がそれほどひどくなくて、どの財産をだれにあげるかを判断できるのでしたら、遺言書を作成することができます。ただ、他の兄弟から、遺言書作成当時、意思能力がなかったと主張される可能性があるので、注意が必要です。

遺言書は、公正証書遺言を作成してください。公正証書遺言は、法律のプロである公証人が、お母さんの遺言内容を法律的に問題ないかを確認しながら作成してくれるものです。お母さんとの会話がまともにできないと、公正証書遺言を作成してくれません。また、作成時には、証人二人が必要なので、その人たちも、お母さんが遺言作成時には、どのような状態だったかを証言してくれます。」

清子さん  「そうなんですね。母が、自分で書くのはやめたほうがいいのですね。」

すずきさん 「そうです。自分で書く遺言書を自筆証書遺言といいます。お母さんが自分で書かれたとしても、ご兄弟は、清子さんが、意思能力のないお母さんに無理やり書かせたと主張する可能性が高くなります。そのときに、証人になってくれる人がいなかったら、不利な状況になりかねません。また、自筆証書遺言は、民法で書き方が厳格に決まっていて、それが間違っていると、無効になってしまう可能性もあるのです。」

清子さん  「それは困ります。やはり、公正証書遺言がよいのですね。」

すずきさん 「そうなんですが、実は、公正証書遺言も、100%確実だとまでは言えないんですよ。」

清子さん  「どういうことですか?」

すずきさん 「ご兄弟から、お母さんの「遺言書が無効だ」として裁判を起こされた場合には、お母さんが、遺言作成当時、意思能力があったということを清子さんのほうで立証しなければなりません。裁判で公証人が、遺言作成当時、意思能力はあったと証言したとしても、他の兄弟が、それを否定する資料を提示すれば、裁判は負けてしまう可能性があるのです。公正証書遺言の場合でも、遺言者の意思能力が否定された判例もありますので、注意が必要なんです。」

清子さん  「なかなか難しいのですね。母が遺言書を書くのは、やっぱり無理かしら?」

すずきさん 「遺言作成当時のお母さんの意思能力を立証できるように、対策を考えておくことです。お母さんが遺言作成当時、回りの人と意思疎通ができていたということを立証できるようにすればよいですよ。遺言作成当時の診断書を医師に書いておいてもらうこと、できれば、医師に証人になってもらうこと(現実には難しいかも)、お母さんの当時の様子を記した日記をつけておくなど、しっかりとした資料を揃えておくようにしてください。」

清子さん  「なんだか大変そうだけど、なんとかやってみます。将来、もめることを思えば、今、やれることをやっておきます。すずきさん、手伝ってもらえますか?」

すずきさん 「もちろんです。まずは、お母さんと面談させてくださいね。そのうえで、作成可能かどうかを考えさせていただきます。」

清子さん  「ありがとうございます。母も、女性同士だと気軽に話しやすいと思います。都合のよい日時を、あらためて、連絡させていただきます。」

すずきさん 「お待ちしております。」

POINT 認知症でも、状態によっては遺言書を作成することが可能。ただし、作成当時、意思能力があったことを証明する資料は必ず用意しておく!!

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 新着情報 | タグ: , ,

遺言 会話式Q&A  ④子どもはいません。遺言書は必要ですか?

和夫さん 「私たち夫婦には、子どもがいません。財産は、自宅不動産のみで、毎月の生活は、年金収入で何とかやりくりしています。こんな状態でも、遺言書が必要ですか?」

          nenkin_techou_orange house_2f

すずきさん 「必ず必要ですよ。和夫さんが遺言書を残さずに亡くなった場合を考えてみましょう。和夫さんのご両親は、すでに他界されていて、妹さんがいらっしゃるのですね。そうすると、相続人は、奥様と妹さんになります。遺言書がないと、奥様と妹さんで、遺産をどう分けるのかを話し合うことになります。妹さんが、奥様に不動産を譲ってくれると問題ありませんが、そうでない場合、妹さんには、遺産の4分の1を取得する権利がありますので、最悪、不動産を売却して、その売却益から現金を妹さんに支払わなければなりません。」

和夫さん 「家内は、この家で最後までいたいと言っています。私も、その願いだけはかなえてあげたいと思っています。」

すずきさん 「その願いは、和夫さんが“妻に全財産を相続させる”という遺言書を作ることで実現できますよ。」

和夫さん 「そうなんですか、安心しました。」

すずきさん 「遺言書があっても、相続人が最低限相続できる遺留分がありますが、それが認められるのは、妻、子(死亡の場合は孫)、父母(死亡の場合は祖父母)だけなんです。兄弟姉妹には認められていませんので、妹さんにはその権利がありません。和夫さんが“妻に全財産を相続させる”という遺言書を書いておくと、家やその他の財産も全て奥様のものになりますよ。だから、遺言書は必ず書いておいてくださいね。」

和夫さん 「わかりました。」

「妻の両親は既に亡くなっていますが、姉が一人います。妻の預貯金は400万円程度ありますが、病気などに備えて、一切手をつけていません。妻も遺言書が必要でしょうか?

すずきさん 「奥様が遺言書を書かずに亡くなった場合をみてみましょう。預貯金の400万円を、和夫さんとお姉さんで、どう分けるかを話し合わなければなりません。法定相続分通りに分けると、和夫さん300万円、お姉さんが100万円を取得します。また、万一、お姉さんが亡くなっており、お子さんがいらっしゃる場合、甥や姪が相続人になります。和夫さんは、その甥や姪と遺産分割の話し合いをしなければならなくなります。

         

和夫さん 「それはしんどいですね。お金も病気に備えておいておきたいですし、ほとんど会ったこともない甥や姪とそんな話はしたくないですね。」

すずきさん 「そんなことにならないように、奥様も遺言書を書かれるとよいですよ。」

和夫さん 「なるほど。よくわかりました。今度、家内と二人でご相談に伺います。」

すずきさん 「お待ちしております。」

 

POINT 子どもがいない夫婦は、夫、妻とも遺言書を書くべし!!

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 新着情報 | タグ: , , ,

遺言 会話式Q&A ③財産は不動産とわずかな預金、不動産は息子にあげたいけど

恵美さん  「うちの財産といえば、今住んでいる家と三百万円くらいのお金なの。夫は数年前に他界して、今は独身の息子と一緒に住んでいるの。娘は嫁いでいるけど、子どもの教育費なんかで、いろいろ大変みたいなの。この家は、息子にあげたいと思ってるんだけど、どうすればいいかしら?」

house_2f money_satsutaba

すずきさん 「息子さんに自宅を相続させるという遺言書を書いておくのがいいですね。遺言書がないと、息子さんと娘さんで、だれがどの財産を継ぐのかを話し合わなければならなくなります。法定相続分は、兄妹だと、それぞれ2分の1。不動産の価格が1,500万円、預貯金が300万円として、合計で1,800万円。それぞれ900万円ずつ相続することになります。娘さんが300万円の預貯金を相続するとしても、残りの600万円は、息子さんが娘さんに支払わないといけません。」

恵美さん  「息子が600万円を支払うのはしんどいわね。」

すずきさん 「遺言書に、「自宅不動産は息子に相続させる。娘には、預貯金300万円を相続させる」って書いた場合を、みてみましょう。

息子 → 自宅不動産1,500万円  娘 → 預貯金300万円

問題になるのは、遺留分です。遺留分は、相続人が最低限相続できる割合ですが、この場合だと、全遺産の4分の1が、娘さんの遺留分になります。金額にすると、450万円です。遺言書通りだと、娘さんは預貯金300万円しか相続しないけど、遺留分として、あと150万円は、息子さんに請求できることになります。」

恵美さん  「600万円よりも、かなり少なくなるわね。それ以上は無理かしら?」

すずきさん 「そうですね。あとは、例えば、娘さんに結婚の支度金として、お金を出しているのでしたら、それを理由に、遺留分の請求はしないでほしいと、遺言書の付言事項に書いておくのがいいですね。付言事項は、遺言書の一番最後に書くもので、法的な拘束力はありませんが、恵美さんのお気持ちは伝えることができます。娘さんもお母さんの気持ちを知ることで、遺留分は請求しないでおこうと思うかもしれませんよ。ただし、最悪、遺留分を請求される可能性があることはご理解くださいね。その場合、息子さんが、一括での支払いが難しければ、分割などで支払うほかないですね。」

恵美さん  「わかりました。主人を亡くしてから息子には、いろいろ面倒をみてもらっているの。それも書いておくようにするわ。」

kaigo_oya

すずきさん 「親孝行な息子さんですね。」

 

POINT 財産が不動産とわずかな預貯金。不動産を特定の相続人にあげたい場合は、遺言書を書いておく!!遺留分に注意。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 遺言 | タグ: , , ,

遺言 会話式Q&A ②子どもに知られずに遺言書を作成したいのですが。

 一郎さん 「私は、先祖から引き継いだ財産を含め、3億円以上の財産を持っています。ただ、子どもたちは、私の財産をあてにしていて、遺言書を書くと言うと、兄弟でひと悶着ありそうです。子どもたちに知られずに、遺言書を書くことはできますか?」

fotolia_85973811_subscription_monthly_m

 

すずきさん 「子どもたちが揉めるのはみたくないですからね。お気持ち、お察しいたします。なかには、遺言書を書いたことを、家族には絶対知らせたくないので、行政書士からの連絡はわからないようにしてほしいと言われる方もいらっしゃいますよ。遺言書を書いたことが原因で、あれこれ言われるのが嫌なんだそうです。」

一郎さん 「やはりそうですか。」

すずきさん 「次のような例もありました。自宅不動産や預貯金を長男に相続させるという遺言書を書かれた方がいらっしゃいました。その内容を聞いた長男は、それ以降、遺言者をぞんざいに扱い、怒った遺言者が後日、長男には内緒で、遺言書を書きかえられました。長男は、遺言書で財産をもらえることが確実になったので、遺言者を大事にしなくなったのでしょうね。」

ilm08_ab09006

一郎さん 「そんなこともあるんですね。参考になりました。」

すずきさん 「すみません、話がそれましたね。自筆で書く遺言を自筆証書遺言といいます。これだと、だれにも知られずに遺言書を書くことができますが、法律で決められた方式を満たさないと、無効になってしまう可能性があり、お勧めはしません。やはり、公正証書遺言がよいと思います。公正証書遺言は、公証役場に行って作ります。公証人という元裁判官や元検事が作るので、法律的な問題が起こることはほとんどありません。また、原本は、公証役場で保管されるので、偽造変造の恐れもありません。デメリットは、証人が二人必要だということです。そういう意味では、だれにも知られずに作成することはできないということになりますが、行政書士などの専門家や公証役場で用意してくれる証人ですと信頼できると思いますよ。」

一郎さん 「なるほど、そうですか。子どもたちに知られなければ、それもいいかもしれませんね。」

すずきさん 「そうですね。もう1つデメリットがあるのですが、公正証書を作成するには、費用がかかります。財産額と相続人の人数によって計算されます。」

公証役場・公正証書作成手数料

目的財産の価額

手数料の額

100万円まで

5,000円

200万円まで

7,000円

500万円まで

11,000円

1,000万円まで

17,000円

3,000万円まで

23,000円

5,000万円まで

29,000円

1億円まで

43,000円

1. 1億円を超える部分については
  1億円を超え3億円まで  5,000万円毎に 1万3,000円
  3億円を超え10億円まで 5,000万円毎に 1万1,000円
  10億円を超える部分   5,000万円毎に 8,000円 がそれぞれ加算されます。 

2. 上記の基準を前提に,具体的に手数料を算出するには,下記の点に留意が必要です。

財産の相続又は遺贈を受ける人ごとにその財産の価額を算出し,これを上記基準表に当てはめて,その価額に対応する手数料額を求め,これらの手数料額を合算して,当該遺言書全体の手数料を算出します。

②遺言加算といって,全体の財産が1億円未満のときは,上記①によって算出された手数料額に,1万1000円が加算されます。

一郎さん 「費用がかかるのは仕方ありませんね。元裁判官や元検事さんが作成してくれるのですから、安心できます。」

ilm14_aa01044

すずきさん 「おっしゃる通りです。大事な財産を安全確実にお子さんに引き継ぐコストですからね。」

一郎さん 「なんだかほっとしました。私の面倒をよくみてくれる子どもには、多くの財産をあげて、そうでない子は、※遺留分だけにしようと思います。」

すずきさん 「そうですか。子どもは親の思い通りにはいきませんね。」

※遺留分 相続人が最低限相続できる相続分。相続人が子どもだけの場合、通常もらえる相続分の半分が遺留分になる。兄弟二人が相続人の場合、遺留分は、遺産の4分の1になる。

一郎さん 「財産のことで、いろいろ相談にのってほしいことがあるのですが。」

すずきさん 「もちろん、承ります。公正証書遺言のご依頼の場合は、報酬をいただくことになりますが。」

一郎さん 「けっこうです。いろいろ相談に乗っていただきたいことがありますので、よろしくお願いします。」

すずきさん 「行政書士に公正証書遺言の作成をご依頼いただいた場合、公証役場との打ち合わせは、すべて私のほうで行います。作成日に、公証役場に一度行っていただくだけで大丈夫です。また、将来、遺言書の書き直しなどがあった場合にも、事情がわかっているので、スムーズに進むと思います。年齢とともに、自分で何かを行うのが億劫になってきますよね。行政書士が、手足となって動きますので、ご安心くださいね。」

一郎さん 「それは有難いです。財産をまとめて、あらためてこちらから、連絡させていただきます。」

すずきさん 「はい、お待ちしております。」

POINT 子どもに知られずに遺言書を書きたい場合、自筆証書遺言があるが、無効になる可能性もあり、お勧めはしない。公正証書遺言は、証人二人必要だが、子どもに知られずに遺言書を作成できる!!

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 公正証書遺言, 遺言 | タグ: , , , , ,

電子書籍出版しました。

「40代・50代から始める遺族に迷惑をかけない!!エンディングノートの書き方」

e-book 表紙

Smiling Ending Note®の無料ダウンロード数は3万件を超えました。たくさんの方にダウンロード

していただき、とてもうれしく思っております。

そんななか、どうやって書いたらいいのかわからない、難しい解説を読むのがしんどいというお声

を頂戴しました。そこで、本書は、夫と一人息子を持つ花子さん、最近夫を亡くし、子どももいない

友子さん、そして、行政書士すずきさんとの会話形式で、イラストや図を入れながら、難しいことも

わかりやすく解説しています。

一般的には、65歳以上が適齢期と思われているエンディングノートですが、40代・50代の早い時

期から、これから起ってくる問題を意識し、準備することで、回りに迷惑をかけずに、自分の望む

人生を送ることができます。

年金の減額は目に見えており、医療費や介護費用など、団塊世代が75歳以上になる頃には、負

担割合が今以上に増える可能性があります。それらをみすえて、今から準備しても早過ぎることは

ないでしょう。

ご購入者の特典として、エンディングノートをダウンロードしていただけますので、実際にエンディ

ングノートを書くこともできます。また、資料として、「相続手続きチェックリスト」をつけているので、

万一のとき、遺族の負担を軽減してくれます。

ビビッっときた方は、是非、ダウンロードしてくださいね。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: Smiling Ending Note, トピックス, 新着情報 | タグ: , , ,

なぜ遺言書を書くのか

終活のしめくくりとして、遺言を考える方もいらっしゃると思います。「うちは、そんな大した財産はないから大丈夫」「うちの子に限ってもめるわけがない」そう言われる方も多いです。

今日は、実務で依頼を受けた案件をもとに、「なぜ遺言書を書くのか」を考えるきっかけにしていただけたらと思います。

notepad and pencil

私が依頼人のお子さんのA子さんとお会いしたのは、友人の紹介でスマイリングエンディングノートを買っていただいたのがきっかけです。A子さんは、お父さんが亡くなったときの遺産分割の際に、遺産のほとんど全部をお兄さんが相続し、A子さんは何も相続できず、とても嫌な思いをされた経験がありました。

A子さんのご家族は、お父さん、お母さん、お兄さんの4人です。お父さんが亡くなられたときの財産は、自宅不動産、預貯金で、それなりの金額でした。お母さん、お兄さん、A子さんで遺産分割の話合いをしたというよりも、お兄さんが一方的に、「財産はぼくが全部継ぐから」の一点張りで、A子さんはもめるのが嫌で結局、1円の財産も相続しませんでした。

obasan_shock 無料

何でゼロなの?

 

自分の財産の整理にという思いでスマイリング・エンディングノートのFULL版を購入し読み進めるうちに、「遺言書」があれば兄ともめずに自分も財産を相続することができることを知りました。遺言書についてもっと詳しく知りたいという思いで、私にご相談いただきました。

私からは、遺言書に財産の分け方を書いておけば、お兄さんと協議することなく遺産を相続することができること、ただし、自筆証書遺言(自分で遺言書を書く)の場合は、検認手続といって、遺言書を家庭裁判所に持っていかなければならず、その手続きで1か月以上はかかること、万一、遺言書に不備があると、その遺言書が無効になってしまうこと、公正証書遺言にしておけば多少の費用はかかるが、相続発生後、速やかに遺言書に沿って手続きが勧められること、遺言執行者を決めておけば、お兄さんの印鑑証明なども必要ないことなどをお話させていただきました。

お母さんの財産は、預貯金900万円です。一般的には、うちにはそれほどの財産はないからという金額ではないでしょうか?それでも、お母さんは、遺言書を書くことを決められたのです。自分の相続のときまで、お兄さんともめてA子さんに可哀そうな思いをさせたくなかったからです。

ILM10_DA06015

その後、お母さんと面談させていただき、財産の確認とだれにどの財産をあげたいのかを確認させていただきました。財産については、A子さんが予めお母さんから聞いて、書きだしてくれていました。通帳を拝見すると、年金が入金される口座と光熱費が落ちる口座が異なっていて、年金が入金されたときに下して、わざわざ別の銀行に入金しているということでした。それを負担に思っておられたので、光熱費が落ちる口座を変更されることをお勧めしました。「そんなこと当たり前じゃない?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、年齢を重ねると、不便を感じながらもずるずるとそのままにしてしまっていたり、そういうことも思いつかなくなってしまうのです。ちなみにお母さんの年齢は83歳です。

そのほかにも、毎年更新される保険証書を何年分も大事にとっていたり、亡くなったお父さんの古い年金関係の書類までとっておられました。必要なもの、不要なものを1つづつ確認して分けていきました。時間はかかりましたが、お母さんにとても喜んでいただけました。

遺言書を書く前に、財産の整理をまずしなければなりませんが、1人ではなかなか進まないことも多いです。子どもがいても、自分の財産の全部を子どもにはまだ知らせたくないと思われる方もいらっしゃいます。そんなときは、専門家にお手伝いしてもらうのも1つの方法です。

遺言書は、70代で一度書いておくのがよいと思います。個人差が大きいですが、80代ではしんどいかな~という印象です。

面談はご自宅まで出張させていただきます。ちょっと聞いてみたいなと思われたら、お気軽にお電話してくださいね。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 終活, 遺言 | タグ:

消防局に1億円の寄付  遺言書

昨年2月に死亡した西宮市の70代男性の遺族から、西宮市消防局に1億円の寄付があったそうです。

この男性が、救急搬送で一命をとりとめたことに感謝して、遺言書に、消防局に1億円を寄付するという

ことを書いていたそうです。

遺言書がなかったら、この1億円は、遺族のものです。

亡くなった方の最後の意思を実現するのが遺言書です。

こういう話を聞くと、遺言ってすごい力があるなぁと、つくづく思います。

身寄りのない方の相続財産は、国庫に入ります。

自分のお金をもっと有効に使ってほしいと思われるときは、遺言書が必要です。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 遺言 | タグ: ,
このページのトップへ