離婚届」タグアーカイブ

離婚届を出されたくない場合ー「離婚不受理申立書」

 

離婚の話し合いの最中に「離婚届」を相手に渡してしまったけど、離婚条件が決まっていないので

「離婚届」を出されては困るという場合や、とにかく相手が離婚したがっているようなときで、勝手に

離婚届を出されるかもしれないという不安がある場合は、本籍地の市区町村役場、または住所地

の市区町村役場に「離婚届不受理申出書」を提出します。

4__

 

用紙は、最寄の市区町村役場で入手できます。

一度、離婚届が受理されてしまうと、これを取り消すためには、「協議離婚無効確認」の調停を起こ

さなけれがなりません。面倒な手続きが必要になり、時間もかかります。

不安な方は「不受理申立書」を出しておかれたらよいでしょう。

 

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 協議離婚, 離婚問題 | タグ: ,

離婚届

 

協議離婚は、離婚届を市区町村役場に出し、受理された時点で離婚は成立します。

このときに、証人2名の署名・押印が必要です。親や、友人、知人など20歳以上であればだれで

もかまいません。

夫、妻の印鑑は、別々のものを使用します。証人が同一の姓の場合も、印鑑は別々のものを使用

します。印鑑は実印である必要はありませんが、シャチハタは使用できませんので、気をつけてく

ださい。

離婚届は、夫婦の本籍地か住所地の市区町村役場の戸籍係に提出します。届け出は、郵送でも

かまいません。夫婦の一方が出してもよいですし、第三者に依頼することもできます。

本籍地以外に提出するときは、戸籍謄本が必要になります。

 

●子どもの親権

離婚届には、子どもの親権者を記入する欄があり、親権者を決めなければ受理されないことにな

っています。

また、離婚届の最後に、未成年の子どもがいる場合には、面会交流(一方の親と会うことなど)につ

いて、取り決めをしているか否か、養育費の分担についての取り決めをしているか否かをチェック

する欄がありますが、こちらのほうは、取り決めをしていないからといって、離婚が認められないとい

うことはありません。

3__

 

離婚をしてから、養育費などについて決めようと思っても、相手が話し合いにも応じないこともあり

ます。養育費などのお金のことについては、必ず離婚前に書面にしておくようにしてください。

●離婚後の姓

「婚姻前の氏に戻る者の本籍」を記入する欄があります。

婚姻前の姓の名乗る場合、実家の戸籍に入るか、自分を筆頭者として新しく戸籍を作るかを選択

します。子どもを自分の戸籍に入れたい場合は、親子三代は一緒の戸籍に入れませんので、自

分を筆頭者として新しく戸籍を作ることになります。

婚姻前の姓を名乗らず、離婚後も婚姻中の姓を名乗る場合でも、新しい戸籍を作る必要がありま

す。この場合、離婚届と同時か、離婚成立の日から3か月以内に「離婚の際に称していた氏を称す

る届」を戸籍係に提出しなければなりません。

 

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 協議離婚, 戸籍, 離婚問題 | タグ: , ,

離婚届けは、公正証書の前に出すのか、後に出すのか?

 

離婚公正証書の作成を依頼された方から、

「離婚届」は、公正証書作成の前に出したほうがいいのでしょうか?後に出したほうがよいのでしょう

か?という質問をよく受けます。

通常は、離婚公正証書を作成した後に「離婚届」を出されることをお勧めしています。

「離婚届」を出してからだと、条件面で相手の同意を得ることが難しくなるからです。

とにかく妻と別れたがっている夫などは、離婚さえできれば後のことは、知らぬ存ぜずで、

離婚後に、いくら妻から条件を出したとしても、それに応ずる必要はなくなるからです。

調停という手もありますが、とにかく時間がかかります。

夫に対して、離婚するためには「最低限、この条件はのんでもらう」というふうにして話し合わなけ

れば、いつまでたっても拉致があきません。

ほとんどといってもいいくらいよくあるケースですが、

当初は、こちらにとってよい条件に曖昧な返事をしていた夫も、書面作成になると、急に厳しい条

件をつきつけてきます。離婚協議書作成は、どたんばでやたら時間がかかってしまうことも多いで

す。

離婚協議書作成→公正証書作成へと進みますが、この際にも、できるだけ時間をおかずに

公証役場へ予約を入れることをお勧めしています。時間を置くと、その間にも相手の気が変わって

しまう可能性が高くなるからです。

公証役場へは、二人で出向く場合と、行政書士が代理作成を行う場合があります。

お一人だけの代理作成もできますし、どちらも都合が悪い場合は、お二人とも代理作成が可能で

す。状況に合わせて、ご利用されたらよいと思います。

 

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 離婚公正証書 | タグ: , ,
このページのトップへ