2.私には大した財産がありません、特に遺言が必要とは思えないのですが。

財産の多い、少ないで遺言を書くか書かないかを判断するのではなく、もめる要因があるのか、ないのかで決められたらよいと思います。
相続人は子どもが一人だけというような場合は、その子が財産のすべてを相続することになるので、遺言は要らないと思います。 ただ、そのような場合でも、お世話になった方に財産の一部を差し上げたいということであれば、遺言は必要になります。 財産が少ないといっても、預貯金が少ないだけで、不動産(自宅)があるような場合は、要注意です。自宅に住み続けたいと思っている相続人がいる場合、その相続人は他の相続人に対して、一定の金額を支払わなければならないのですが、そのお金を用意できないことも多いからです。結局家を売却することになると、家を追い出された相続人は、もう一方の相続人と元のように付き合うのは難しくなるでしょう。 少しでも相続人がもめる要因があるようなら、一度専門家に相談されるとよいでしょう。 相談に行くと、勧められるのでは?と心配される方もいらっしゃると思いますが、すずき行政書士事務所では、無理に勧めることはありませんので、ご安心ください。

Posted in: 遺言Q&A


コメントは停止中です。