16.生まれながらに障害を持った子ども(次男)に多くの遺産を残したいのですが、どのような方法がありますか?相続人は妻と子ども2人です。

例えば、銀行預金などの特定の遺産を残す方法と、遺産の2分の1というように遺産の取得割合を指定する方法があります。前者を特定遺贈といい、後者を包括遺贈といいます。特定遺贈の場合、それ以外の財産もすべてだれが取得するのかを指定しておけば、遺産分割協議は必要ありません。包括遺贈の場合、割合が指定されていても、どの財産をだれが相続するのかは相続人間で遺産分割協議しなければなりません。
次男に多くの遺産を残すにしても、他の相続人の遺留分に気をつけなければなりません。
妻と子どもが相続人の場合、遺留分は2分の1です。遺産の半分は遺留分として減殺請求される可能性があります。次男が遺産の2分の1を相続するのであれば、問題ないでしょう。妻や長男に、生前にその気持ちを伝えておくか、遺言の付言事項に書いておけば納得していただけると思います。

Posted in: 遺言Q&A


コメントは停止中です。