契約は、「申し込み」と「承諾」によって成立します。
口約束の契約は、日常生活の中でたくさん行われていますし、特にトラブルが発生しなければ、何の問題もなく終わっていくものです。
では、トラブルになったら?
お金を貸した相手に「お金を借りた覚えがない」と言われたらどうでしょう。証拠があればよいですが、ない場合は、泣き寝入りになるかもしれません。
契約書は、トラブルを未然に防止するために作成するものです。
「この人なら大丈夫だから契約書は要らない」ではなく、「この人ともめたくないから、契約書を作成しよう」に意識を変えることが大事です。

契約書の例

・金銭消費貸借契約書(お金の貸し借り)
・商品売買契約書
・(死因)贈与契約書
・土地賃貸借契約書
・建物賃貸借契約書
・リース契約書
・債権譲渡契約書
・業務委託契約書
・請負契約書
・秘密保持契約書
・ホームページ制作契約書など
クーリングオフひな形
贈与契約書ひな形

契約書のタイトル

上記のようなタイトルでなくても問題ありません。
契約の内容はタイトルで決まるのではなく、書かれている内容で判断されるからです。
例えば、「覚書」というのは、契約交渉の過程で合意の一部を文書にする際に用いられるものですが、タイトルが「覚書」であっても、その中に契約内容、お互いの署名・押印があれば、当事者はその覚書に拘束されることになります。覚書だから法的効果はないとは言えないのです。

契約書のポイント

契約書を隅から隅までチェックするのが理想ですが、時間のない場合は次の2つの条項をまずチェックしましょう。

①契約解除条項

契約書を作成した側の意向がよくわかる条項です。
例えば、「甲は、乙が本契約の各条項に違反したとき、乙に書面で通知することにより、本契約を解除することができる」「甲および乙は、相手方が本契約の各条項に違反したとき、相手方に書面で通知することにより、本契約を解除することができる」
この場合、上の例は、乙には契約の解除権が認められておらず、下の例は、甲と乙の両方に解除権が認められている内容になっています。
ちょっとした文章の違いで、意味が全く変わってきますので、ご注意ください。

②損害賠償条項

トラブルが起きたときに問題になる重要な条項です。
自分がどのようなことをしたときに、相手方に損害賠償しなければならないのか、一方的に自分の方だけが損害賠償を負わなければならない条項になっていないか、相手方がどのようなことをしたときに、損害賠償請求できるのかを、しっかり理解しておきましょう。
「乙が本契約の各条項のいずれかに違反し、甲に損害を与えた場合、乙はその過失の有無を問わず、直ちにその生じた損害を賠償しなければならない。」
この条項は、乙に過失がなかくても損害を賠償しなければならないという、乙の無過失責任を定めたもので、乙にとってはとても不利なものになります。
このような契約書に署名・押印することのないよう、しっかりチェックしてください。
契約書を作成したい、契約書の内容をチェックしてほしいなどのご要望がありましたら、いつでもご相談ください。

このページのトップへ