法定相続人と相続割合

法定相続人 

誰が相続人になるのかが書かれています。夫が亡くなった場合は、妻と子ども というのは何となく想像できますね。
子どもがいなかった場合は、妻と夫の親
夫の親が亡くなっている場合は、妻と夫の兄弟姉妹が相続人になります。
妻と夫の兄弟姉妹が相続人の場合、もめることが多いです。

相続割合

どれくらいの割合を相続するのかが書かれています。
妻と子ども2人が相続人…妻 2分の1 子ども それぞれ4分の1
妻と夫の親が相続人…妻 3分の2  夫の親 3分の1
妻と夫の兄弟姉妹が相続人…妻 4分の3  夫の兄弟姉妹4分の1
※子には、胎児、養子、非嫡出子も含まれます。
 非嫡出子の相続割合は、嫡出子の2分の1になります。(改正の可能性あり)
 普通養子の場合は、養親・実親双方を相続します。
※半血兄弟姉妹(異母兄弟姉妹)の相続割合は、全血兄弟姉妹の2分の1になります。
ブログをチェック
胎児の相続権
婚外子(非嫡出子)の相続権
代襲相続 相続するはずの人が相続権を失っていた場合(死亡も含む)その子が相続すること
遺留分 相続人が最低限相続できる権利

相続人の確定

だれが相続人になるのかを確定するために、被相続人(亡くなった方)の生まれたときから亡くなるまでの戸籍謄本を取得します。
戸籍謄本は、被相続人の本籍地に請求します。
本籍地が生涯変わっていない場合は、比較的簡単に戸籍謄本が揃いますが、本籍地を転々としている場合などは、その本籍地をおっていかなければならないので、かなり大変な作業になります。

戸籍の収集は、郵送でも可能なので、各市区町村に前もって電話で必要書類などを確認し、申請されたらよいと思います。

戸籍収集がうまくいかず、ご相談に来られる方もいらっしゃいます。相続人の人数が多いと負担が大きいようです。
すずき行政書士事務所にご依頼いただきましたら、取得させていただきますので、お気軽にご相談ください。

戸籍謄本を見てはじめて、認知された子どもや養子の存在を知ったという話もよくあることです。その人たちも相続人として遺産を受け継ぐ権利はありますので、遺産分割の協議をすることになります。

相続財産の確定

相続財産にどのようなものがあるのかを探し出すのは、大変な作業です。
亡くなった方が、相続財産を、一覧表などにまとめてくれている、一か所に大事な書類をまとめてくれているということであれば、比較的早く作業が終了するでしょうが、そうでなければ、銀行通帳や、保険証書などを探し出さなければなりません。
遠方に住んでいたりすると、往復の時間や交通費もかかってきます。
相続人のことを考えると、せめて一覧表くらいは作っておきたいものです。
ブログをチェック
相続財産の範囲-死亡退職金
相続財産の範囲-生命保険金
相続財産の範囲-形見分け
相続財産の範囲-祭祀財産

遺産分割協議

相続人の確定、相続財産の確定が終わったら、相続人全員で、遺産の分け方について、遺産分割協議を行います。相続人が遠方にいる場合などは、電話での話し合いでもかまいません。

遺産の分け方

遺産の分け方には、現物分割、代償分割、換価分割、共有分割などがあります。

現物分割

土地建物は長男、預金は長女というように、それぞれの相続人が個別に取得する財産を決めることです。この方法が一番簡単でわかりやすいです。

代償分割

長男は土地建物、預金は長女が相続すると、土地建物の評価額が預金の額をはるかに上回るために、そのまま分割したのでは、長男長女間で不公平になる場合に、長男が自分のお金を長女に与えるという方法です。
この分け方では、長男に資力のあることが必要になります。基本的には、一括支払いですが、支払猶予期間を設けたり、分割支払いも行われています。

換価分割

土地建物などを売却してから、現金で分けるというものです。土地建物を売却すると税金がかかってくるので、財産価格は目減りすることになります。

共有分割

相続人が共同で資産を保有することです。土地建物の場合は、登記名義を共有にするだけで手続きは終了します。

ただし、分割の際には、共有者全員の同意が必要になりますので、意見がまとまらないときは、売却できなくなってしまいます。
共有分割は、できるだけ避けたほうがよいでしょう。
ブログをチェック
寄与分
生前の遺産分割は有効か?
遺産分割後に認知の子が現れたら?
遺産分割-銀行預金の払い戻し
遺言に反した遺産分割
特定割合の遺言がある場合の遺産分割協議
遺産分割の評価時期
遺産分割で調停申し立て

遺産分割協議書

話し合いがまとまれば、それを遺産分割協議書にします。
不動産の名義変更、相続税の申告には、遺産分割協議書が必ず必要です。
銀行預金の払い戻し、株券の名義変更などに、遺産分割協議書を要求する銀行・証券会社もあります。
ご相談は、私、鱸 弥生が承ります。まずはお電話してください。
ブログをチェック
遺産分割協議書

このページのトップへ