離婚 共有名義の不動産(妻の親が頭金を贈与)

夫と妻の共有名義の不動産は、離婚の際にどのように分けるのでしょうか。

婚姻時 5000万円のマンションを購入し、妻の実家の親に頭金500万円を出してもら

ったとしましょう。

4500万円のローンを組み(夫の名義)、ローン残高が2000万円残っています。

マンションの時価は、3000万円です。

夫の持分9(4500万円分)  妻の持分1(500万円分) になります。妻は専業主婦

 

マンションを売却した場合、

時価3000万円からローン残高2000万円を引いた1000万円が残ります。

この1000万円の分け方をみていきます。

妻の実家からの500万円が、妻に対する贈与であったなら、

この500万円は、妻の固有の財産といえます。

共有財産とは別枠で考えるので、妻は、この500万円をまず取り戻すことができます。

妻は5000万円のうちの500万円の持分、10分の1を持っていることになります。

1000万円の10分の1 100万円は、妻のものになります。

残り900万円を、夫2分の1  妻2分の1 で分けると

450万円ずつになります。

結果、夫は 450万円   妻は 550万円を取得します。

財産分与の割合は、専業主婦でも最近は2分の1とされることが多いです。

(登記上の持分と一致させる必要はありません。)

不動産がからむとややこしいです。

自分の場合はどうなんだろうと思われたら、ご相談くださいね。


カテゴリー: ブログ, 不動産 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ