新着情報」カテゴリーアーカイブ

遺言 会話式Q&A  ⑤認知症と診断された母。遺言書を作成できますか?

清子さん  「母を物忘れ外来に連れて行って診てもらったら、認知症と診断されました。兄と弟がいるけど、実家にはほとんど顔をみせなくて。このままだと遺産相続でもめそうなので、今からでも母に遺言書を書いてもらうことはできますか?」

すずきさん 「遺言書を書くためには、意思能力が必要になります。意思能力とは、このような遺言をするとどのような結果になるか、利害関係はどうなるかなどを判断する能力です。お母さんの認知症の程度がそれほどひどくなくて、どの財産をだれにあげるかを判断できるのでしたら、遺言書を作成することができます。ただ、他の兄弟から、遺言書作成当時、意思能力がなかったと主張される可能性があるので、注意が必要です。

遺言書は、公正証書遺言を作成してください。公正証書遺言は、法律のプロである公証人が、お母さんの遺言内容を法律的に問題ないかを確認しながら作成してくれるものです。お母さんとの会話がまともにできないと、公正証書遺言を作成してくれません。また、作成時には、証人二人が必要なので、その人たちも、お母さんが遺言作成時には、どのような状態だったかを証言してくれます。」

清子さん  「そうなんですね。母が、自分で書くのはやめたほうがいいのですね。」

すずきさん 「そうです。自分で書く遺言書を自筆証書遺言といいます。お母さんが自分で書かれたとしても、ご兄弟は、清子さんが、意思能力のないお母さんに無理やり書かせたと主張する可能性が高くなります。そのときに、証人になってくれる人がいなかったら、不利な状況になりかねません。また、自筆証書遺言は、民法で書き方が厳格に決まっていて、それが間違っていると、無効になってしまう可能性もあるのです。」

清子さん  「それは困ります。やはり、公正証書遺言がよいのですね。」

すずきさん 「そうなんですが、実は、公正証書遺言も、100%確実だとまでは言えないんですよ。」

清子さん  「どういうことですか?」

すずきさん 「ご兄弟から、お母さんの「遺言書が無効だ」として裁判を起こされた場合には、お母さんが、遺言作成当時、意思能力があったということを清子さんのほうで立証しなければなりません。裁判で公証人が、遺言作成当時、意思能力はあったと証言したとしても、他の兄弟が、それを否定する資料を提示すれば、裁判は負けてしまう可能性があるのです。公正証書遺言の場合でも、遺言者の意思能力が否定された判例もありますので、注意が必要なんです。」

清子さん  「なかなか難しいのですね。母が遺言書を書くのは、やっぱり無理かしら?」

すずきさん 「遺言作成当時のお母さんの意思能力を立証できるように、対策を考えておくことです。お母さんが遺言作成当時、回りの人と意思疎通ができていたということを立証できるようにすればよいですよ。遺言作成当時の診断書を医師に書いておいてもらうこと、できれば、医師に証人になってもらうこと(現実には難しいかも)、お母さんの当時の様子を記した日記をつけておくなど、しっかりとした資料を揃えておくようにしてください。」

清子さん  「なんだか大変そうだけど、なんとかやってみます。将来、もめることを思えば、今、やれることをやっておきます。すずきさん、手伝ってもらえますか?」

すずきさん 「もちろんです。まずは、お母さんと面談させてくださいね。そのうえで、作成可能かどうかを考えさせていただきます。」

清子さん  「ありがとうございます。母も、女性同士だと気軽に話しやすいと思います。都合のよい日時を、あらためて、連絡させていただきます。」

すずきさん 「お待ちしております。」

POINT 認知症でも、状態によっては遺言書を作成することが可能。ただし、作成当時、意思能力があったことを証明する資料は必ず用意しておく!!

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 新着情報 | タグ: , ,

遺言 会話式Q&A  ④子どもはいません。遺言書は必要ですか?

和夫さん 「私たち夫婦には、子どもがいません。財産は、自宅不動産のみで、毎月の生活は、年金収入で何とかやりくりしています。こんな状態でも、遺言書が必要ですか?」

          nenkin_techou_orange house_2f

すずきさん 「必ず必要ですよ。和夫さんが遺言書を残さずに亡くなった場合を考えてみましょう。和夫さんのご両親は、すでに他界されていて、妹さんがいらっしゃるのですね。そうすると、相続人は、奥様と妹さんになります。遺言書がないと、奥様と妹さんで、遺産をどう分けるのかを話し合うことになります。妹さんが、奥様に不動産を譲ってくれると問題ありませんが、そうでない場合、妹さんには、遺産の4分の1を取得する権利がありますので、最悪、不動産を売却して、その売却益から現金を妹さんに支払わなければなりません。」

和夫さん 「家内は、この家で最後までいたいと言っています。私も、その願いだけはかなえてあげたいと思っています。」

すずきさん 「その願いは、和夫さんが“妻に全財産を相続させる”という遺言書を作ることで実現できますよ。」

和夫さん 「そうなんですか、安心しました。」

すずきさん 「遺言書があっても、相続人が最低限相続できる遺留分がありますが、それが認められるのは、妻、子(死亡の場合は孫)、父母(死亡の場合は祖父母)だけなんです。兄弟姉妹には認められていませんので、妹さんにはその権利がありません。和夫さんが“妻に全財産を相続させる”という遺言書を書いておくと、家やその他の財産も全て奥様のものになりますよ。だから、遺言書は必ず書いておいてくださいね。」

和夫さん 「わかりました。」

「妻の両親は既に亡くなっていますが、姉が一人います。妻の預貯金は400万円程度ありますが、病気などに備えて、一切手をつけていません。妻も遺言書が必要でしょうか?

すずきさん 「奥様が遺言書を書かずに亡くなった場合をみてみましょう。預貯金の400万円を、和夫さんとお姉さんで、どう分けるかを話し合わなければなりません。法定相続分通りに分けると、和夫さん300万円、お姉さんが100万円を取得します。また、万一、お姉さんが亡くなっており、お子さんがいらっしゃる場合、甥や姪が相続人になります。和夫さんは、その甥や姪と遺産分割の話し合いをしなければならなくなります。

         

和夫さん 「それはしんどいですね。お金も病気に備えておいておきたいですし、ほとんど会ったこともない甥や姪とそんな話はしたくないですね。」

すずきさん 「そんなことにならないように、奥様も遺言書を書かれるとよいですよ。」

和夫さん 「なるほど。よくわかりました。今度、家内と二人でご相談に伺います。」

すずきさん 「お待ちしております。」

 

POINT 子どもがいない夫婦は、夫、妻とも遺言書を書くべし!!

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 新着情報 | タグ: , , ,

2017年 新年あけましておめでとうございます。

楽しいお正月を迎えられましたか?

今年は、たくさんの情報をアウトプットしていこうと思っています。

ブログも、できるだけ更新していく予定です。

本年も、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

行政書士 鱸 弥生

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 新着情報 |

エンディングノートサイトに「テニス」「歌舞伎」を追加しました

スマイリングエンディングノートサイトに「テニス」「歌舞伎」のエンディングノートを追加しました。
t_tennis
t_kabuki
スマイリングエンディングノートはこちら

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 新着情報 |

料金表を改訂しました

2016.8.1より一部料金表を改訂しました。

料金について

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 新着情報 |

スマイリングエンディングノートのサイトに「summer vacation 」他追加しました

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 新着情報 |

スマイリングエンディングノートのサイトに「Sweet bears」を追加しました

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 新着情報 |

電子書籍出版しました。

「40代・50代から始める遺族に迷惑をかけない!!エンディングノートの書き方」

e-book 表紙

Smiling Ending Note®の無料ダウンロード数は3万件を超えました。たくさんの方にダウンロード

していただき、とてもうれしく思っております。

そんななか、どうやって書いたらいいのかわからない、難しい解説を読むのがしんどいというお声

を頂戴しました。そこで、本書は、夫と一人息子を持つ花子さん、最近夫を亡くし、子どももいない

友子さん、そして、行政書士すずきさんとの会話形式で、イラストや図を入れながら、難しいことも

わかりやすく解説しています。

一般的には、65歳以上が適齢期と思われているエンディングノートですが、40代・50代の早い時

期から、これから起ってくる問題を意識し、準備することで、回りに迷惑をかけずに、自分の望む

人生を送ることができます。

年金の減額は目に見えており、医療費や介護費用など、団塊世代が75歳以上になる頃には、負

担割合が今以上に増える可能性があります。それらをみすえて、今から準備しても早過ぎることは

ないでしょう。

ご購入者の特典として、エンディングノートをダウンロードしていただけますので、実際にエンディ

ングノートを書くこともできます。また、資料として、「相続手続きチェックリスト」をつけているので、

万一のとき、遺族の負担を軽減してくれます。

ビビッっときた方は、是非、ダウンロードしてくださいね。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: Smiling Ending Note, トピックス, 新着情報 | タグ: , , ,

スマイリングエンディングノート「ゴルフ」追加しました

スマイリングエンディングノートのサイトに「ゴルフ」を追加しました。
t_golf
スマイリングエンディングノートはこちら

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 新着情報 |

新年あけましておめでとうございます

 

本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

1月4日(月)から営業いたします。

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 新着情報 |
このページのトップへ