排除 - とんでもない子に相続させたくないとき

排除とは、家庭裁判所の判断により、相続人としての資格をなくすことです。

生前に家庭裁判所に申し立てることも可能ですし、遺言に記載することも可能です。

遺言に記載する場合は、必ず遺言執行者(遺言を実行してくれる人)を指定する必要があります。

排除できるのは、

・被相続人に対する虐待、重大な侮辱

・相続人の著しい非行

がある場合に限られます。

排除の申立てがあれば、家庭裁判所は、排除を認めるかどうかを厳格に審査します。

長男が家に寄り付かない、会えば口喧嘩ばかりしている、嫁が気に入らないなどの理由では

認められないです。

認められるのは、例えば、長男が仕事もせずにギャンブルに狂い、親の名義で借金を重ね、

さらに、お金を要求され断ったら暴行され、全治1カ月の入院を余儀なくされた・・・

だれがみても、それはひどいと思う状況です。

排除できる相続人は、配偶者、直系尊属、子どもに限られ、兄弟姉妹は排除の対象ではありません。

兄弟姉妹は、遺言によって、財産を相続させないことが可能だからです。

相続人の排除は、取り消すことができます。

生前に家庭裁判所で排除が認められていた場合、遺言で取り消すことも可能です。

相続人を排除したいと思うというのは、悲しいですね。


カテゴリー: 排除-とんでもない子に相続させたくないとき, 相続 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ