遺産分割後に認知の子が現れたら?

相続が発生すると、戸籍をさかのぼり相続人を確定する必要があります。

認知の子がいれば、その際にわかります。

遺産分割後に認知の子が現れるというケースは、被相続人の死後、子から認知の訴えがなされ、

認められたというケースを想定しています。

認知されると、生れた時にさかのぼって親子であったことになり、当然相続人としての

権利も認められます。

民法では、既に遺産分割協議が終わっている場合には、遺産分割のやり直しを請求できないことになっています。

認知された子は、自分の相続分を金銭に換算して請求できるだけです。

遺産の評価は、いつを基準にするのでしょうか?

明確な基準があるわけではないですが、認知の子から請求があった時点の評価が多いようです。


カテゴリー: ブログ, 遺産分割 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ